「アウディA4オールロードクワトロ」限定で発売

2012.08.21 自動車ニュース

「アウディA4オールロードクワトロ」200台限定で発売

アウディジャパンは2012年8月21日、「アウディA4オールロードクワトロ」を200台限定で発売した。

アウディの「A4オールロードクワトロ」は、ワゴン「A4アバント」をベースにオフロードテイストが強められたモデルだ。
同車は、2010年11月に250台、2011年8月に300台が販売されており、2012年も200台の限定で扱われる。ベースモデルの「A4アバント」にはこのほどマイナーチェンジが実施され、今回導入される「A4オールロードクワトロ」の仕様も、その小変更が反映されたものとなる。

「オールロードクワトロ」ならではの特徴として挙げられるのは、前後のアンダーガードや樹脂製のバンパー、専用の18インチホイール、オーバーフェンダーなど。
一方、インテリアには、ブラックを基調としたミラノレザーの本革シートやウォールナットのデコラティブパネルなどが与えられる。ユーザーから要望が多かったというリアビューカメラも標準で備わる。

パワーユニットは2リッター直噴ターボ「2.0 TFSI」で、組み合わされるトランスミッションはデュアルクラッチ式の「7段Sトロニック」。 持ち前のフルタイム4WDシステム「クワトロ」や専用サスペンションと相まって、あらゆる路面で優れた走破性を発揮するとうたわれる。

価格は、昨年より10万5000円アップの599万5000円。ボディーカラーは、グレイシアホワイトとラバグレーの2色が用意される。

(webCG 関)

「アウディA4オールロードクワトロ」
「アウディA4オールロードクワトロ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4オールロードクワトロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る