スズキ、「エリオ」の輸出を開始

2001.03.02 自動車ニュース
 
 
010302_003.gif

スズキ、「エリオ」の輸出を開始(3/2)

スズキは、2001年1月に新発売した5ドアハッチ「エリオ」の輸出を、同年3月から開始すると発表した。欧州市場を皮切りに、北米などにも順次導入を予定。今年の輸出台数を3万台と見込む。

欧州では「Life In A New Age(新しい時代の生活様式にあったクルマ、の意)」の頭文字をとった「LIANA(リアーナ)」の名前で販売される。国内では、1.5リッター「M15A型」エンジンのみの設定だが、輸出版は、スイフト、ワゴンRソリオに搭載される1.3リッター直4DOHC「M13A型」エンジンと、M13A型のストロークを13.5mmアップした新開発1.6リッターエンジンの2種類となる。

「ミニバンの居住性」「ステーションワゴンの使い勝手」「セダンの走行性能」の融合を狙った意欲作「エリオ」。スズキのみならず、GMグループの世界戦略上、重要な役割を負っている。

(webCG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 「スズキ・スイフト」に燃費32.0km/リッターのハイブリッドモデルが登場 2017.7.12 自動車ニュース スズキがコンパクトカー「スイフト」にフルハイブリッドモデルを設定。シングルクラッチ式ATに駆動用モーターを組み合わせたスズキ独自のシステムで、1.2リッターエンジンとの組み合わせにより、32.0km/リッターの燃費を実現している。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る