次期デミオはスペイン産(?)

2001.03.06 自動車ニュース
 
 
010306_009.gif

次期デミオはスペイン産(?)(3/6)

2001年3月5日、マツダは、次期欧州向け小型車「Bカー」を、スペイン、バレンシアはアルムサフェス市にある、フォードのバレンシア工場で生産することを決定した、と発表した。2003年から生産を始め、年間4万台を見込むという。輸出依存度が高い企業体質を改善するのが目的だ。

バレンシア工場は、いま、フォードのCセグメントモデル「フォーカス」、ひとまわり小さいBセグメントのスペシャルティカー「Ka」をつくっている。次世代のメインBセグメント車たる「フィエスタ」もココで生産される予定。

マツダは、現在、欧州市場におけるBカーとして、フォード・フィエスタのOEM供給を受け、「Mazda121」として販売している。国内でBカーにあたるのは、デミオである。プラットフォームはじめ、各種コンポーネンツの共有化をすすめる両社であるから、次期デミオは、ニューフィエスタの兄弟車となる可能性が強い。
「フォードとのパートナーシップにより、マツダ車をフォードの工場で生産したり、フォード車をマツダの工場で生産するなど、両者にとって戦略的な選択肢が増えることになる」と、マツダのマーク・フィールズ代表取締役社長は述べる。フォード・エスケープとマツダ・トリビュートのような、共同開発の例が増えるということである。「両ブランドの独自性を保ちながら、ビジネス効率を高めていく」とも付け加えたが……。マツダの貴重な売れ筋モデルの、将来やいかに?

(webCGアオキ)

 
 

関連キーワード:
デミオマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(4WD/6AT)/CX-8 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.18 試乗記 マツダから3列シートの新型SUV「CX-8」が登場。既存のミニバンに代わる多人数乗車モデルであるとともに、「アテンザ」と並ぶ同社のフラッグシップという役割も課せられたニューモデルの実力をリポートする。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る