オペル・ベクトラの2001年モデルが発売

2001.03.09 自動車ニュース
 
 
010309_012.gif

オペル・ベクトラの2001年モデルが発売(3/9)

日本ゼネラルモーターズは、オペルのミドルレンジを担う「ベクトラ・セダン/ワゴン」の2001年モデルを、2001年3月8日に発売した。

2001年モデル最大の特徴は、セダン、ワゴンともパワーソースたる「ECOTEC」エンジンの改変。最上級グレード「CDX」は、従来の2.5リッターV6を2.6リッターに排気量拡大。パワーは170psと従来どおりながら、最大トルクを23.4kgmから25.5kgmに太らせ、ドライバビリティの向上を図った。
中堅グレード「CD」には、「アストラ」やミドシップスポーツ「スピードスター」(日本未発売)と同じ、2.2リッターユニットを採用。アルミ製ブロックを用いた同エンジンは、2005年に欧州で施行される排ガス規制「EURO4」に適合しているという。最高出力は147ps。
さらに、ベーシックグレード「GL」の1.8リッターエンジンも改良し、出力を10psアップし125psとした。
なお、トランスミッションは全車4ATとなる。

装備面では、衝突時の頚椎損傷軽減装置「フロントアクティブヘッドレスト」およびCDチェンジャーを全車に標準装備。CDXに、従来より1インチアップした205/55R16タイヤを新採用した。ボディ色は、新色ペルシャ(マイカ)を含む計6色。また、防錆品質の向上を図り、ベクトラ全車において、錆保証をこれまでの6年から10年に延長した。

価格は以下のとおり。すべて右ハンドル。(写真は2000年モデル)

●セダン
GL 268.0万円
CD 299.0万円
CDX 325.0万円

●ワゴン
GL 283.0万円
CD 314.0万円
CDX 340.0万円

(webCG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • オペル・ベクトラ2.2(5AT)【ブリーフテスト】 2002.12.4 試乗記 ……335.0万円
    総合評価……★★★★




  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
ホームへ戻る