オペル・ベクトラの2001年モデルが発売

2001.03.09 自動車ニュース
 
 
010309_012.gif

オペル・ベクトラの2001年モデルが発売(3/9)

日本ゼネラルモーターズは、オペルのミドルレンジを担う「ベクトラ・セダン/ワゴン」の2001年モデルを、2001年3月8日に発売した。

2001年モデル最大の特徴は、セダン、ワゴンともパワーソースたる「ECOTEC」エンジンの改変。最上級グレード「CDX」は、従来の2.5リッターV6を2.6リッターに排気量拡大。パワーは170psと従来どおりながら、最大トルクを23.4kgmから25.5kgmに太らせ、ドライバビリティの向上を図った。
中堅グレード「CD」には、「アストラ」やミドシップスポーツ「スピードスター」(日本未発売)と同じ、2.2リッターユニットを採用。アルミ製ブロックを用いた同エンジンは、2005年に欧州で施行される排ガス規制「EURO4」に適合しているという。最高出力は147ps。
さらに、ベーシックグレード「GL」の1.8リッターエンジンも改良し、出力を10psアップし125psとした。
なお、トランスミッションは全車4ATとなる。

装備面では、衝突時の頚椎損傷軽減装置「フロントアクティブヘッドレスト」およびCDチェンジャーを全車に標準装備。CDXに、従来より1インチアップした205/55R16タイヤを新採用した。ボディ色は、新色ペルシャ(マイカ)を含む計6色。また、防錆品質の向上を図り、ベクトラ全車において、錆保証をこれまでの6年から10年に延長した。

価格は以下のとおり。すべて右ハンドル。(写真は2000年モデル)

●セダン
GL 268.0万円
CD 299.0万円
CDX 325.0万円

●ワゴン
GL 283.0万円
CD 314.0万円
CDX 340.0万円

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
ベクトラセダンオペル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レガシィアウトバック2.5i(4AT)/3.0R(5AT)【試乗記】 2003.11.8 試乗記 スバル・レガシィアウトバック2.5i(4AT)/3.0R(5AT)
    ……297.5万円/345.5万円

    オンロードだけでなくラフロード走行も考慮した“クロスオーバービークル”の「スバル・アウトバック」。先代「ランカスター(輸出名アウトバック)」の“隠れファン”という、自動車ジャーナリストの森口将之が箱根での試乗会に参加した。


  • オペル・アストラ 1.8 Sport(4AT)/アストラ 2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2004.11.1 試乗記 オペル・アストラ 1.8 Sport(4AT)/アストラ 2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……291万2500円/334万9500円

    可変ダンパー「CDC」、2リッターターボ+6MTを武器に、オペルが強豪ひしめくセグメントに送り込むニューモデル「アストラ」。スポーティさでイメージ転換を図るブリッツマークのニューモデルに、『webCG』記者が試乗した。


  • 「BMW X1」に西日本限定の特別仕様車が登場 2018.2.21 自動車ニュース 「BMW X1」に西日本限定の特別仕様車「xDrive18d URBANISTA(アーバニスタ)」が登場。日本仕様のX1には設定のないボディーカラーや、専用のウッドトリムなど、カタログモデルでは選べない内外装のコーディネートが特徴となっている。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の限定車「クアドリフォリオ カルボニオ」発売 2018.2.16 自動車ニュース 「アルファ・ロメオ・ジュリア」初の限定車となる「クアドリフォリオ カルボニオ」が登場。その名の通りカーボン製パーツを各所に装着するほか、ダークグレー仕上げの鍛造19インチアルミホイールなど軽量パーツを採用し、パフォーマンスを強化している。
  • フォルクスワーゲンが「パサート」のディーゼルモデルを発売 2018.2.14 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月14日、「パサート」および「パサートヴァリアント」のモデルラインナップにディーゼルエンジンを搭載した「TDI」を追加設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る