【スペック】全長×全幅×全高=4340×1765×1411mm/ホイールベース=2690mm/車重=1440kg(ドイツ国内値)/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(320hp/5800rpm、45.9kgm/1300-4500rpm)(欧州仕様車)

BMW M135i(FR/8AT)【海外試乗記】

秀逸なメーカーチューンド 2012.08.21 試乗記 BMW M135i(FR/8AT)

BMWのコンパクト「1シリーズ」に、“M”の名を冠するスポーティーバージョンが登場。その走りを、本国ドイツで試した。

「ポルシェ911」に迫る性能値

BMWといえば真っ先に立つ商品のイメージは「走り」。それをさらに際立だせるべく、ほとんどのモデルには、内外装や足まわりをよりスポーティーにする「Mスポーツパッケージ」が用意されている。そして一部銘柄には、BMWのモータースポーツ部門を統括するM社が開発およびアッセンブルを手掛ける「Mモデル」があるのもご存じの通りだ。

じゃあ今回の「M135i」が属するという「Mパフォーマンス」っつうのはなんなのよ? と問えば、市場に向けては「MスポとMモデルとの間を埋めるポジションに位置するBMWの新しいライン」と説明される。そう聞くと、アウディの「Sラインパッケージ」と「RSシリーズ」の間に位置する「Sシリーズ」を思い出す人もいるかもしれない。BMW本体とM社が共同で商品開発を行い、基準車の快適性や使い勝手をキープしながら、ポテンシャル的にはそれらを確実に上回り……と、事務的に説明すればそんな感じになるだろうか。

ちなみにヨーロッパではMパフォーマンスの銘柄はこのM135iが五つめ。既に、「5シリーズ」のセダンとワゴン、そして「X5」と「X6」に、トリプルターボ(!)で75.5kgmの爆発的トルクを発する3リッター直6ディーゼルユニットを搭載したモデルがラインナップされている。

ガソリンエンジンでは初となるMパフォーマンスモデル、M135iに搭載されるエンジンはバルブトロニックやピエゾインジェクターを採用した最新世代のN55型3リッター直6直噴ツインスクロールターボ。「335i」などに搭載されるそれに、独自のチップチューンを施しての最高出力は320ps。一方で、45.9kgmをわずか1300rpmから発生するフレキシビリティーも備えている。

組み合わされるトランスミッションは6段MTと8段ATの2種類で、後者のコンビネーションでは0-100km/h加速が4.9秒だから、その動力性能は“「ポルシェ911」イーター”の資質を備えるほどだと言っていい。一方でエネルギー回生システムやスタートストップシステムを備えることによりCO2排出量は175g/kmと、こちらは「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」並みに抑えられている。

「M135i」のリアビュー。マフラーエンドは左右2本出しとなる。
「M135i」のリアビュー。マフラーエンドは左右2本出しとなる。

BMW M135i(FR/8AT)【海外試乗記】の画像
一部アルカンターラが用いられるスポーツシート。日本に導入されるモデルも、同様のシートが与えられる。
一部アルカンターラが用いられるスポーツシート。日本に導入されるモデルも、同様のシートが与えられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る