ダンロップ、冬用タイヤ「WINTER MAXX」を発表

2012.08.21 自動車ニュース

ダンロップ、新たな冬用タイヤ「WINTER MAXX」発表

住友ゴム工業は2012年8月21日、スタッドレスタイヤの新商品である「ダンロップWINTER MAXX(ウインター マックス)」の発表会を都内で開催した。

ダンロップの「WINTER MAXX(ウインター マックス)」は、2012年8月1日から販売されている新たなスタッドレスタイヤ。1969年にスノーラジアルタイヤ「ダンロップSP44」が発売されて以来、同ブランドで最も高い氷上性能を有する冬用タイヤとうたわれる。

氷上におけるブレーキ性能は、従来モデルの「DSX-2」に比べて11%アップ。すなわち、11%短い距離での制動が可能で、その技術的なポイントとして以下の2点が挙げられる。
一つは、ダンロップ独自の「ミウラ折り」サイプの幅を「DSX-2」よりも25%細くしたこと。これによりブロックの倒れこみが抑制され、トレッド面におけるエッジ成分は22%増加(MAXXシャープエッジ)。路面の“ひっかき効果”が向上したという。
さらに材質そのものについても、剛性と柔軟性を両立させた新たな「ナノフィットゴム」を採用。路面への密着度と摩擦力、両方の強化を実現した。

そのほか、ラグ溝の容積と形状も改められ、雪道での走行性能もアップ。センターの縦溝の容積は40%拡大され、ウエット路面におけるブレーキ性能も15%向上した。タイヤライフが長くなった点も、セリングポイントのひとつである。

今回の発表会では、福山雅治さんほかが出演するテレビCMの製作を手がけた、クリエイティブディレクターの箭内(やない)道彦さんも登壇。「自分自身、雪国(福島県)出身なので、優れた冬用タイヤのPRに関われるのはうれしい」「(製品の品質だけでなく)震災以降大変な苦労を強いられている東北をはじめ、日本全体の運転シーンを変えられたらとの思いから、『変える。』という言葉をテーマにしました」などと新商品に対する思いを語った。

CMのほうは9月1日からのオンエアだが、「ウインター マックス」自体の取り扱いは、8月1日から順次始まっている。サイズは、13インチから19インチまでの計88サイズ。価格はオープンプライス。

(webCG 関)

「ダンロップWINTER MAXX」発表会場の様子。上に掲げられているのは、福山雅治さん出演のCMのイメージ。
ダンロップ、新たな冬用タイヤ「WINTER MAXX」発表
「ダンロップWINTER MAXX」
ダンロップ、新たな冬用タイヤ「WINTER MAXX」発表
新製品を囲む、住友ゴム工業の取締役 常務執行役員 タイヤ技術本部長 西実氏(写真左)と同執行役員 ダンロップタイヤ営業本部長 山本悟氏(写真右)、そしてCM製作を手がけた箭内道彦氏。
ダンロップ、新たな冬用タイヤ「WINTER MAXX」発表
箭内氏(写真右)は、ニュージーランドにおけるCM撮影中のエピソードなども紹介。CMキャラクターの福山さんに対しては「周りに気を遣いながらも、常に色んなことに挑戦する人なんですよ」と賛辞を送った。
ダンロップ、新たな冬用タイヤ「WINTER MAXX」発表
「ダンロップWINTER MAXX」のトレッド面に寄ってみる。より細くなったサイプ幅や新たに開発された材質、容積の増えた縦溝などがポイントとされる。
ダンロップ、新たな冬用タイヤ「WINTER MAXX」発表

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。