日産「ブルーバードシルフィ」にベーシックモデル

2001.03.26 自動車ニュース
 
 
010326_028.gif

日産「ブルーバードシルフィ」にベーシックモデル(3/26)

日産自動車は、セダン「ブルーバードシルフィ」に、最廉価モデルたる「ベーシックパッケージ」を追加設定し、2001年4月12日に発売する。

「ベーシックパッケージ」は、従来の最廉価版と較べ、エアコンをオートからマニュアルにしたほか、タコメーターを省いた3連メーター、CDプレーヤーを省略したAM/FMラジオ(カセットはオプション)などを採用。さらに、助手席シートバックポケット、後席アームレストなども取り払い、1.5リッターモデルで従来比14.9万円(1.8リッターで6.9万円)安い価格を実現した。

FFのみの設定で、1.5リッターが140.0万円(5MT)と145.0万円(4AT)、1.8リッターが169.8万円(4ATのみ)。

(webCG 有吉)

日産自動車「ブルーバードシルフィ」:
http://www.nissan.co.jp/SYLPHY/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ブルーバードシルフィの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産ティアナ(後編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • 日産ティアナにカーナビ標準装備の新グレード 2016.4.4 自動車ニュース 日産の4ドアセダン「ティアナ」に、純正カーナビゲーションシステムを標準装備した新グレード「XVナビAVMパッケージ」「XLナビAVMパッケージ」が登場した。これにともない、ナビ非装着の上級グレード「XV」は廃止となった。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る