ルノー「ルーテシア」に1.4リッターモデルが追加

2001.04.02 自動車ニュース
 
 
010402_001.gif

ルノー「ルーテシア」に1.4リッターモデルが追加(4/2)

ルノージャポンは、小型FFハッチバック「ルーテシア」(欧州名クリオ)に1.4リッターモデル「1.4L RXT」(3/5ドア)を追加設定、同時にルーテシアシリーズの一部グレードを値下げし、2001年4月1日に発売した。

「ルーテシア1.4L RXT」は、排気量1389ccの直4DOHC16バルブエンジン(98ps/13.0kgm)を搭載したベーシックグレード。従来からの「1.6L RXE」に載る1.6リッター「K7M型」ユニットに較べ、トルクで0.5kgm劣るものの、8psパワフルになっている。
ルノージャポンは、よりスポーティに走るなら1.4リッター、長距離ドライブなどにはトルキーな1.6リッター、と各グレードを性格付ける。

トランスミッションは4段AT、右ハンドルのみの設定。価格は169.0万円(3ドア)
と179.0万円(5ドア)。

新グレード追加に合わせて、スポーツモデル「ルノースポール2.0」を除く全車で一律20万円のプライスダウン。「1.6L RXE」の3ドアが175.0万円、同5ドアが185.0万円、5段MTを備えたスポーティグレード「16V」が209.0万円となった。
販売好調が伝えられるライバルのプジョー「206」(165.0-245.0万円)を意識した価格改定であることは、想像に難くない。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • RRのホットハッチ「ルノー・トゥインゴGT」登場 2017.9.28 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年9月28日、コンパクトカー「トゥインゴ」に新グレード「GT」を設定し、同年10月19日より200台限定で販売すると発表した。ルノー・スポールが手がけた高性能グレードであり、より高出力なエンジンなど特徴としている。
  • ホンダX-ADV(MR/6AT)【レビュー】 2017.9.23 試乗記 スクーターのようなボディーに、オフロードも行けそうなタイヤとホイール。そしてナナハンクラスの大型エンジン。個性的なホンダの“アドベンチャーモデル”「X-ADV」とはどんなオートバイなのか? その走りをリポートする。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • 「ルノー・ルーテシア」に5段MTの新グレード 2017.10.12 自動車ニュース ルノー・ジャポンが「ルーテシア」の中間グレード「ゼン」に5段MT仕様の「ゼンMT」を設定し、販売を開始した。内外装などの仕様はデュアルクラッチAT仕様と共通だが、価格は13万円安い204万円となっている。
  • 「A110」登場は年明け アルピーヌ・ジャポンが始動 2017.10.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年10月11日、アルピーヌブランドモデルの日本における輸入販売事業を行うため、ビジネスユニット アルピーヌ・ジャポンを10月に設立したと発表した。
ホームへ戻る