ルノー「ルーテシア」に1.4リッターモデルが追加

2001.04.02 自動車ニュース
 
 
010402_001.gif

ルノー「ルーテシア」に1.4リッターモデルが追加(4/2)

ルノージャポンは、小型FFハッチバック「ルーテシア」(欧州名クリオ)に1.4リッターモデル「1.4L RXT」(3/5ドア)を追加設定、同時にルーテシアシリーズの一部グレードを値下げし、2001年4月1日に発売した。

「ルーテシア1.4L RXT」は、排気量1389ccの直4DOHC16バルブエンジン(98ps/13.0kgm)を搭載したベーシックグレード。従来からの「1.6L RXE」に載る1.6リッター「K7M型」ユニットに較べ、トルクで0.5kgm劣るものの、8psパワフルになっている。
ルノージャポンは、よりスポーティに走るなら1.4リッター、長距離ドライブなどにはトルキーな1.6リッター、と各グレードを性格付ける。

トランスミッションは4段AT、右ハンドルのみの設定。価格は169.0万円(3ドア)
と179.0万円(5ドア)。

新グレード追加に合わせて、スポーツモデル「ルノースポール2.0」を除く全車で一律20万円のプライスダウン。「1.6L RXE」の3ドアが175.0万円、同5ドアが185.0万円、5段MTを備えたスポーティグレード「16V」が209.0万円となった。
販売好調が伝えられるライバルのプジョー「206」(165.0-245.0万円)を意識した価格改定であることは、想像に難くない。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記
  • 「DS 3」に“トカゲ革模様”の限定モデルが登場 2017.12.4 自動車ニュース