「ニュービートルカップ2001」開催概要が発表される

2001.04.03 自動車ニュース
 
 
010403_003.gif

「ニュービートルカップ2001」開催概要が発表される(4/3)

フォルクスワーゲングループジャパンは2001年3月25日、同社がサポートするJAF(日本自動車連盟)公認のワンメイクレース「フォルクスワーゲン・ニュービートルカップ・ジャパン2001」の概要を発表した。

「ニュービートルカップ・ジャパン」は、2000年から始まった、ナンバーの付いた(つまり公道を走れる)ニュービートルで参戦できるレースシリーズだ。マシンは昨年同様、このシリーズ向けに輸入されたニュービートル「1.8T」(1.8リッターターボ+5MT)を使用。日本の主要サーキットを転戦しシリーズチャンピオンを決定する。全4戦で争われた初年度は、山本将之選手がタイトルを獲得した。

2年目の2001年シーズンは、開催イベント数を昨年より1戦多くし全5戦とした。加えて、20台のレースマシンの追加販売、ビギナー向けの「クラブマンクラス」の新設、各選手のシリーズポイントを、5戦中最も良かった4戦の成績で決めるということ、そして、「さらに迫力あるレーシングサウンド」(広報資料)をもたらす、主催者VTA(フォルクスワーゲン・トロフィー・アソシエイション)公認のレース専用マフラーの採用、などが決定された。なお、車両価格は350.0万円に据え置かれた。

愛くるしいルックスが特徴のニュービートルを、アンダースポイラー、リアスポイラー、6点式ロールゲージなどでレーシーに仕上げ、迫力あるレースを繰り広げているニュービートルカップ。本国ドイツでは、DTM(ドイツツーリングカー選手権)のサポートレースとして開催、人気シリーズのひとつとなっている。

■マシン
「ニュービートル1.8T」
左ハンドル 5MT
1780ccターボチャージャー付きエンジン
全長 (mm) 4090
全幅 (mm) 1730
全高 (mm) 1500
車輌重量 (kg) 1280
乗車定員 (名) 5
レース装備一覧
6点式ロールゲージ、4点式シートベルト(運転席のみ)、 フロント/リア牽引フック、フロント/リアフッド鴻bクピン、フロント/リアコイルスプリング、 フロント/リアブレーキパッド、 7JX16インチアルミホイール、 205/50R 16 POTENZA 540S Sタイヤ、フロント アンダースポイラー、ゼッケン/ゼッケンベース、フロントボルダーテイント
価格  350.0万円
(車輌本体価格270.0+レース装備品80.0万円)

■スケジュール
第1戦 5月19日(土:予選) / 20日(日:決勝) 山口県 美祢サーキット
第2戦 6月30日(土:予選) / 7月1日(日:決勝) 三重県 鈴鹿サーキット
第3戦 7月15日(日:予選+決勝) 茨城県 筑波サーキット
第4戦 9月2日(日:予選+決勝) 栃木県 ツインリンクもてぎ
第5戦 9月23日(日:予選+決勝) 静岡県 FISCO

(webCG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る