メルセデス「ゲレンデバーゲン」がマイナーチェンジ

2001.04.04 自動車ニュース
 
 
010404_006.gif

メルセデス「ゲレンデバーゲン」がマイナーチェンジ(4/4)

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツのクロスカントリー4WD「Gクラス(ゲレンデバーゲン)」をマイナーチェンジし、2001年4月2日に発売した。内外装の意匠変更と装備、機能の充実が主な内容となる。

内装では、メーターパネルやセンターコンソール、ドアトリムなどのデザインを一新、「質感と操作性をより向上」(広報資料)した。

装備面では、電子制御5段ATに、シフトレバーを左右に振ることでシフトアップ/ダウンが可能な「ティップシフト」を採用したのが最大の特徴。また、急勾配やオフロード用の「クロスカントリーギア」へスイッチひとつで切り替えられるようになった。

加えて、後方の障害物を感知する「パークトロニックシステム」やメモリー機能付き前席パワーシート、電動チルト/テレスコピックステアリングホイール、盗難防止警報システムなどを採用したのが新しい。

価格は従来モデルから据え置かれ、3ドア/5人乗りの「G320」が790.0万円、5ドア/7人乗り「G320L」が890.0万円。いずれも左ハンドルのみの設定。
なお、2001年夏には上級グレード「G500L」および「G55L AMG」も追加される予定という。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
Gクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGクラス 2018.1.15 画像・写真 独ダイムラーは2018年1月15日、新型「Gクラス」を発表した。実車は米国デトロイトで開催される2018年北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)で一般公開される。その姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデス・ベンツ・ニューイヤー・レセプション」の会場から 2018.1.15 画像・写真 独ダイムラーは2018年1月14日(日本時間1月15日)、米国ミシガン州アナーバーで「メルセデス・ベンツ・ニューイヤー・レセプション」を開催し、新型「Gクラス」を発表した。その様子を写真で紹介する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
ホームへ戻る