メルセデス「ゲレンデバーゲン」がマイナーチェンジ

2001.04.04 自動車ニュース
 
 
010404_006.gif

メルセデス「ゲレンデバーゲン」がマイナーチェンジ(4/4)

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツのクロスカントリー4WD「Gクラス(ゲレンデバーゲン)」をマイナーチェンジし、2001年4月2日に発売した。内外装の意匠変更と装備、機能の充実が主な内容となる。

内装では、メーターパネルやセンターコンソール、ドアトリムなどのデザインを一新、「質感と操作性をより向上」(広報資料)した。

装備面では、電子制御5段ATに、シフトレバーを左右に振ることでシフトアップ/ダウンが可能な「ティップシフト」を採用したのが最大の特徴。また、急勾配やオフロード用の「クロスカントリーギア」へスイッチひとつで切り替えられるようになった。

加えて、後方の障害物を感知する「パークトロニックシステム」やメモリー機能付き前席パワーシート、電動チルト/テレスコピックステアリングホイール、盗難防止警報システムなどを採用したのが新しい。

価格は従来モデルから据え置かれ、3ドア/5人乗りの「G320」が790.0万円、5ドア/7人乗り「G320L」が890.0万円。いずれも左ハンドルのみの設定。
なお、2001年夏には上級グレード「G500L」および「G55L AMG」も追加される予定という。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
Gクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4... 2017.11.10 試乗記