スバル「インプレッサワゴン」に廉価モデルが追加

2001.04.05 自動車ニュース
 
 
010405_009.gif

スバル「インプレッサワゴン」に廉価モデルが追加(4/5)

富士重工業は、スバル「インプレッサ・スポーツワゴン」に最廉価グレード「I’sセレクト」を追加設定、2001年4月2日に発売した。

「I’sセレクト」は、ベースとなる1.5リッター「I’s」と較べ、ホイールをアルミからスチールへ変更、電動格納式リモコンカラードドアミラーを省くなどし、ベース車比マイナス10万円の価格とした。

2WDのみの設定で、5MT車が126.3万円、4AT車が135.6万円。

オプションとして、CDプレーヤー&AM/FM電子チューナー一体オーディオ、専用のフォグランプやルーフスポイラー、濃色ガラスなどで構成される「Aパッケージ」(プラス8.5万円)も用意される。

(webCG 有吉)

富士重工業「インプレッサ・スポーツワゴンI’sセレクト」:
http://210.254.95.20/showroom/imp_is/

 
 

関連キーワード:
インプレッサスポーツワゴンスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.4 試乗記 従来より幅広い車速域での運転支援を実現したアイサイト・ツーリングアシスト。この最新機能は走りを磨いた「STI Sport」にどんな“愉しさ”を与えたのか。「レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight」に試乗した。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記 スバル独自の4WD機構がかなえる、高い運動性能が自慢のスポーツワゴン「レヴォーグ」。300psの高出力と400Nmの大トルクを発生する高性能グレード「2.0GT-S EyeSight」に試乗し、マイナーチェンジを経た“最新版”の、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る