ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開

2012.08.20 自動車ニュース

英ベントレーが「ミュルザンヌ コンバーチブル」を公開

英ベントレーモーターズは2012年8月20日、フラッグシップサルーン「ミュルザンヌ」をベースにしたコンバーチブルコンセプトのスケッチを公開した。

ベースとなった「ミュルザンヌ」は、6.75リッターのV8ツインターボエンジンを搭載したベントレーのフラッグシップモデル。全長が5.5mを超える大柄な4ドアセダンだが、コンバーチブル化にともない4座の2ドア車に改められる。また同社の“流儀”にしたがい、ルーフにはクロスのようなソフトな素材を用い、リアデッキカバーの下にきれいに収まる構造をとるようだ。

「モダンで高級感にあふれ、先端技術を使用したミュルザンヌサルーンは、世界一エレガントなコンバーチブルを作るベースとしては理想的だった」とは、ベントレー会長兼CEOのヴォルフガング・デュルハイマー氏の言葉。「ミュルザンヌシリーズの魅力を発展させるだけでなく、特に新興市場でベントレーブランドの認知度を高めてくれることだろう」と語っている。

実車は8月19日に米カリフォルニア州モントレーで開催された高級車の品評会「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で公開されたもよう。

(webCG 竹下)

スケッチが公開された「ミュルザンヌ コンバーチブル コンセプト」。
スケッチが公開された「ミュルザンヌ コンバーチブル コンセプト」。 拡大

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像 拡大

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像 拡大

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像 拡大

関連キーワード:
ミュルザンヌベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ベントレー・ベンテイガV8(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.1 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」のラインナップに加わった4リッターV8モデルが日本に上陸。W12とのパワー差は58ps。その走りには、どんな違いがあるのか? 2台を比較し、「V8」を選ぶ理由について考えた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る