ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開

2012.08.20 自動車ニュース

英ベントレーが「ミュルザンヌ コンバーチブル」を公開

英ベントレーモーターズは2012年8月20日、フラッグシップサルーン「ミュルザンヌ」をベースにしたコンバーチブルコンセプトのスケッチを公開した。

ベースとなった「ミュルザンヌ」は、6.75リッターのV8ツインターボエンジンを搭載したベントレーのフラッグシップモデル。全長が5.5mを超える大柄な4ドアセダンだが、コンバーチブル化にともない4座の2ドア車に改められる。また同社の“流儀”にしたがい、ルーフにはクロスのようなソフトな素材を用い、リアデッキカバーの下にきれいに収まる構造をとるようだ。

「モダンで高級感にあふれ、先端技術を使用したミュルザンヌサルーンは、世界一エレガントなコンバーチブルを作るベースとしては理想的だった」とは、ベントレー会長兼CEOのヴォルフガング・デュルハイマー氏の言葉。「ミュルザンヌシリーズの魅力を発展させるだけでなく、特に新興市場でベントレーブランドの認知度を高めてくれることだろう」と語っている。

実車は8月19日に米カリフォルニア州モントレーで開催された高級車の品評会「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で公開されたもよう。

(webCG 竹下)

スケッチが公開された「ミュルザンヌ コンバーチブル コンセプト」。
スケッチが公開された「ミュルザンヌ コンバーチブル コンセプト」。

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミュルザンヌの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る