ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開

2012.08.20 自動車ニュース

英ベントレーが「ミュルザンヌ コンバーチブル」を公開

英ベントレーモーターズは2012年8月20日、フラッグシップサルーン「ミュルザンヌ」をベースにしたコンバーチブルコンセプトのスケッチを公開した。

ベースとなった「ミュルザンヌ」は、6.75リッターのV8ツインターボエンジンを搭載したベントレーのフラッグシップモデル。全長が5.5mを超える大柄な4ドアセダンだが、コンバーチブル化にともない4座の2ドア車に改められる。また同社の“流儀”にしたがい、ルーフにはクロスのようなソフトな素材を用い、リアデッキカバーの下にきれいに収まる構造をとるようだ。

「モダンで高級感にあふれ、先端技術を使用したミュルザンヌサルーンは、世界一エレガントなコンバーチブルを作るベースとしては理想的だった」とは、ベントレー会長兼CEOのヴォルフガング・デュルハイマー氏の言葉。「ミュルザンヌシリーズの魅力を発展させるだけでなく、特に新興市場でベントレーブランドの認知度を高めてくれることだろう」と語っている。

実車は8月19日に米カリフォルニア州モントレーで開催された高級車の品評会「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で公開されたもよう。

(webCG 竹下)

スケッチが公開された「ミュルザンヌ コンバーチブル コンセプト」。
スケッチが公開された「ミュルザンヌ コンバーチブル コンセプト」。

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像

ベントレーがミュルザンヌ コンバーチブルを公開の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
  • 第47回:フェラーリは舐めるように乗れ 2017.6.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第47回は「フェラーリは舐めるように乗れ」。フェラーリを買ったら毎日乗りたいと考える者も多い。が、それは果たして……。持続可能なフェラーリライフを送るために筆者が肝に銘じていることとは?
ホームへ戻る