トヨタ「プログレ」が直噴エンジンを搭載

2001.04.13 自動車ニュース
 
 
010413_025.gif

トヨタ「プログレ」が直噴エンジンを搭載(4/13)

トヨタ自動車は、「小さな高級車」(byトヨタ)こと4ドアセダン「プログレ」に、直噴エンジンを採用するなどマイナーチェンジを施し、2001年4月11日に発売した。

今回のマイナーチェンジにより、2.5リッター、3リッター両エンジンとも直噴「D-4」ユニットとなり、また2WDモデルのトランスミッションは4段から5段ATとなった。直噴エンジンがもたらす超希薄燃焼により低燃費化が図られ、「平成22年度新燃費基準」および「平成12年基準排出ガス25%低減レベル」を達成した。

外装においては、メッキ、スモーククリア塗装などで重厚感を強調したというフロントグリルや新意匠の15インチアルミホイールなどを新たに採用。ボディ色は、「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ゴールドメタリック」の新色2色を加え、全8色とした。

インテリアでは、ヌバック調の専用シート表皮や、専用バーズアイメイプル本木目を配したセンタークラスター/ステアリングホイールなどを採用した「ノーブルインテリアパッケージ」を新設定。エレガントな室内空間を演出したという。

価格は、2.5リッター「NC250」が2WDで320.0-370.0万円、4WDが350.0-365.0万円、3リッター「NC300」は2WDのみで、370.0-400.0万円。
また、お年寄りや身体の不自由な方向けの「ウェルキャブ」は、2.5リッターモデルのみに設定。自動助手席回転スライドシート「Aタイプ」で、2WDが349.8-364.8万円、4WDが379.8-394.8万円。(写真は旧モデル)

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
プログレトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”(FR/6AT)【試乗記】 2010.3.31 試乗記 トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”350S(FR/6AT)/“+Mスーパーチャージャー”プレミアム(FR/6AT)
    ……502万8000円/487万3000円

    トヨタのセダン「マークX」に、スーパーチャージャーでパワーアップしたコンプリートカーが登場。いったいどんな走りなのか、『webCG』のコンドーと関がチェックしてみた。
  • トヨタ・プレミオ 1.8X“Lパッケージ”(FF/CVT)/アリオン A15“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2007.6.26 試乗記 トヨタ・プレミオ 1.8X“Lパッケージ”(FF/CVT)/アリオン A15“Gパッケージ”(FF/CVT)
    ……241万800円/223万2300円

    トヨタのミディアムセダン「プレミオ/アリオン」がフルモデルチェンジし2代目となった。2つの顔をもつ新型セダンに試乗した。
  • 第59回:「EV化の流れは止まらない」のウソ 2017.9.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第59回は「『EV化の流れは止まらない』のウソ」。内燃車のEVシフトが叫ばれる中、ディーゼル車の存在意義が揺らぎ始めている。ディーゼルは本当に消えてしまうのか!? 「BMW 320d」を購入した筆者が、疑問を投げかける。
ホームへ戻る