トヨタ「プログレ」が直噴エンジンを搭載

2001.04.13 自動車ニュース
 
 
010413_025.gif

トヨタ「プログレ」が直噴エンジンを搭載(4/13)

トヨタ自動車は、「小さな高級車」(byトヨタ)こと4ドアセダン「プログレ」に、直噴エンジンを採用するなどマイナーチェンジを施し、2001年4月11日に発売した。

今回のマイナーチェンジにより、2.5リッター、3リッター両エンジンとも直噴「D-4」ユニットとなり、また2WDモデルのトランスミッションは4段から5段ATとなった。直噴エンジンがもたらす超希薄燃焼により低燃費化が図られ、「平成22年度新燃費基準」および「平成12年基準排出ガス25%低減レベル」を達成した。

外装においては、メッキ、スモーククリア塗装などで重厚感を強調したというフロントグリルや新意匠の15インチアルミホイールなどを新たに採用。ボディ色は、「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ゴールドメタリック」の新色2色を加え、全8色とした。

インテリアでは、ヌバック調の専用シート表皮や、専用バーズアイメイプル本木目を配したセンタークラスター/ステアリングホイールなどを採用した「ノーブルインテリアパッケージ」を新設定。エレガントな室内空間を演出したという。

価格は、2.5リッター「NC250」が2WDで320.0-370.0万円、4WDが350.0-365.0万円、3リッター「NC300」は2WDのみで、370.0-400.0万円。
また、お年寄りや身体の不自由な方向けの「ウェルキャブ」は、2.5リッターモデルのみに設定。自動助手席回転スライドシート「Aタイプ」で、2WDが349.8-364.8万円、4WDが379.8-394.8万円。(写真は旧モデル)

(webCG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • トヨタ・プレミオ1.5F(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2007.7.17 試乗記 ……208万50円
    総合評価……★★★★

    フルモデルチェンジした2代目「プレミオ/アリオン」。スポーティなアリオンに対して、上品さをウリにするプレミオの1.5リッターモデルに試乗した。
ホームへ戻る