トヨタ「エスティマ」一部改良

2001.04.17 自動車ニュース
 
 
010417_030.gif

トヨタ「エスティマ」一部改良(4/17)

トヨタ自動車は、ミニバン「エスティマT」「エスティマL」に一部改良を施し、2001年4月16日に発売した。

今回の一部改良では、機能、装備の充実が図られた。盗難防止システム「イモビライザー」の標準装備(Jを除く)、ISO FIX対応チャイルドシート固定専用バーの追加、MDプレーヤーの採用(Gのみ)、ルーフレールのオプション設定などが主な変更点となる。

加えて、ボディ色に新色「ブルーブラックマイカカラークリア」(J、X、Gにオプション設定)と「シャンパンメタリック」(AERAS)を追加。内装においては、J、X、AERASのシート&ドアトリム表皮の柄、色調を変更した。また特にAERASでは、7人乗り仕様を追加し、オプティロンメーター、黒木目調ヒーターコントロールパネルを採用し、より高級感を向上させた、としている。

一部改良と同時に、お年寄りや身体の不自由な方向けの「ウェルキャブ」も、ベース車両と同様の改良をうけ、同日より発売した。

エスティマ・ウェルキャブでは、車いすに座ったままでの乗降が可能な「車いす仕様車」を新設定。さらに、2列目シートが回転し車外にスライドダウン、そのまま車いすとしても使用できる「サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)」を完成車として設定するとともに、車いすとしてのシートの使用性を向上した「電動アシスト機能」を追加した。さらに「助手席リフトアップシート車」は回転から昇降までの操作を全自動化している。

価格は、エスティマT、Lとも共通で、2WDが229.5万円から313.5万円まで、4WDは253.5万円から337.5万円まで。
ウェルキャブは、「サイドリフトアップシート車(全自動タイフ)」が274.3万円から382.3万円、 「サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)」が292.3万円から400.3万円、「助手席リフトアップシート車」が274.3万円から382.3万円、「車いす仕様車」が329.3万円から435.5万円。

(webCG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る