ホンダ、ニュー・インテグラのプロトタイプを発表

2001.04.17 自動車ニュース
 
 
010417_029.gif

ホンダ、ニュー・インテグラのプロトタイプを発表(4/17)

本田技研工業は、2001年7月発売予定の新型「インテグラ」のプロトタイプモデルを4月13日に発表した。

ニュー・インテグラは、4月13日から開催されているニューヨーク国際自動車ショーで、ホンダの北米高級販売チャネル、アキュラのボトムレンジモデル、「RSX」としてお披露目され、これに合わせて国内仕様「インテグラ」も公表された。

パワーユニットは、現行の1.6リッター/1.8リッター直4から、2種類の2リッター直4「i-VTEC」エンジンにグレードアップ。スポーツ・バージョン「TYPE-R」用は、現行1.8リッターモデルより20ps増の220ps、トルクも2.0kgm太い21.0kgmとなった。標準グレード「iS」は、160ps/19.5kgmと、よりマイルドな出力特性となる。トランスミッションは、TYPE-Rには6MT、iSには5MTと5ATが設定される。

またTYPE-Rには、専用スポイラー、ブレンボ製フロントブレーキ、レカロ製フロントバケットシート、MOMO製皮巻き小径ステアリングホイールなどが標準装備される。

なお、インテグラの生産工場は、鈴鹿製作所から埼玉製作所に移管される。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
インテグラホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「ヴェゼル」の情報を先行公開 2018.1.25 自動車ニュース 本田技研工業は2018年1月25日、同年2月中旬にマイナーモデルチェンジを予定しているコンパクトSUV「ヴェゼル」に関する情報を、ホームページで先行公開した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
ホームへ戻る