ホンダ、ニュー・インテグラのプロトタイプを発表

2001.04.17 自動車ニュース
010417_029.gif

ホンダ、ニュー・インテグラのプロトタイプを発表(4/17)

本田技研工業は、2001年7月発売予定の新型「インテグラ」のプロトタイプモデルを4月13日に発表した。

ニュー・インテグラは、4月13日から開催されているニューヨーク国際自動車ショーで、ホンダの北米高級販売チャネル、アキュラのボトムレンジモデル、「RSX」としてお披露目され、これに合わせて国内仕様「インテグラ」も公表された。

パワーユニットは、現行の1.6リッター/1.8リッター直4から、2種類の2リッター直4「i-VTEC」エンジンにグレードアップ。スポーツ・バージョン「TYPE-R」用は、現行1.8リッターモデルより20ps増の220ps、トルクも2.0kgm太い21.0kgmとなった。標準グレード「iS」は、160ps/19.5kgmと、よりマイルドな出力特性となる。トランスミッションは、TYPE-Rには6MT、iSには5MTと5ATが設定される。

またTYPE-Rには、専用スポイラー、ブレンボ製フロントブレーキ、レカロ製フロントバケットシート、MOMO製皮巻き小径ステアリングホイールなどが標準装備される。

なお、インテグラの生産工場は、鈴鹿製作所から埼玉製作所に移管される。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。