【スペック】全長×全幅×全高=3900×1695×1525mm/ホイールベース=2500mm/車重=1020kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4SOHC16バルブ(99ps/6000rpm、12.8kgm/4800rpm)/価格=132万円(テスト車=141万4500円/ナビ装着用スペシャルパッケージ=3万1500円/ディスチャージヘッドライト=6万3000円)

ホンダ・フィットGスマートセレクション(FF/CVT)【試乗記】

最後の「フィット」!? 2012.08.20 試乗記 ホンダ・フィットGスマートセレクション(FF/CVT)
……141万4500円

2012年5月に最後(?)のマイナーチェンジを受けた「ホンダ・フィット」。“国民的コンパクトカー”の基本グレードの走りはどこまで熟成されたのか。

“体幹”をじわっと強化

現行「フィット」がデビューしたのは2007年。早いもので、今年で5年目になる。ウワサでは2013年にフルモデルチェンジするらしいから、このままさしたる手直しなしでいくのだろうと思っていたら、2012年5月にマイナーチェンジを受けた。女性向きの「シーズ(She's)」や「ハイブリッドRS」が新たに加わるなど、話題としてはわりと大きなものであった。

このとき、ハイブリッドではないごく普通のガソリンエンジン搭載車も改良を受けている。しかし、その内容は「シーズ」や「RS」の華やかさに比べたら地味で堅実なものだった。

今回試乗した1.3リッター「Gスマートセレクション」のCVT搭載車に話を絞れば、まずJC08モード燃費が20.6km/リッターから21.0km/リッターへ約2%引き上げられている。そしてセンターコンソールやドリンクホルダー(インパネ左右)にLEDの照明が付き、後席中央のヘッドレストが標準で装備された。VSA(トラクションコントロール+横すべり防止)については標準装備化されたグレードもあったが、Gスマートセレクションでは残念ながらオプションにとどまった。

コンパクトカーはその国のモータリングのいわば足腰。表面的な装飾などではなく、その“体幹”ともいえる基本性能の強化は賛成だ。新型は価格も頑張っていて、車両価格は従来より3万円安い132万円とされた。

では、早速走りだしてフィットの熟成ぶりをチェックしていこう。

1.3リッターエンジンは99psと12.8kgmを発生(CVT搭載車の場合)。アイドリングストップ機構は搭載されない。
1.3リッターエンジンは99psと12.8kgmを発生(CVT搭載車の場合)。アイドリングストップ機構は搭載されない。
インパネのデザインに変更はなかった。テスト車に搭載されているナビゲーションシステムはディーラーオプション。
インパネのデザインに変更はなかった。テスト車に搭載されているナビゲーションシステムはディーラーオプション。
マイナーチェンジでドリンクホルダー(写真)とセンターコンソールに青色LEDのイルミネーションが付いた。
マイナーチェンジでドリンクホルダー(写真)とセンターコンソールに青色LEDのイルミネーションが付いた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フィット 13G・Fパッケージ(FF/CVT)【試乗記】 2014.1.14 試乗記 発売以来のセールス好調が伝えられる、3代目「ホンダ・フィット」。クルマとしての実力はどれほどのものなのか? ベーシックなガソリン車で確かめた。
  • ホンダ・フィット(後編) 2013.9.5 画像・写真 6年ぶりにフルモデルチェンジ。新型「ホンダ・フィット」の姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・フィットハイブリッド Sパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2013.11.18 試乗記 好調なセールスが伝えられる、新型「ホンダ・フィットハイブリッド」。その走りは、どれほどのものなのか? スポーティーグレード「Sパッケージ」で試した。
  • ホンダ・フィットRS(FF/MT)【試乗記】 2013.11.13 試乗記 登場以来、好調な売れ行きが伝えられるホンダの人気コンパクトカー「フィット」。そのスポーティーモデル「RS」の走りをじっくりと検証した。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る