クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3900×1695×1525mm/ホイールベース=2500mm/車重=1020kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4SOHC16バルブ(99ps/6000rpm、12.8kgm/4800rpm)/価格=132万円(テスト車=141万4500円/ナビ装着用スペシャルパッケージ=3万1500円/ディスチャージヘッドライト=6万3000円)

ホンダ・フィットGスマートセレクション(FF/CVT)【試乗記】

最後の「フィット」!? 2012.08.20 試乗記 ホンダ・フィットGスマートセレクション(FF/CVT)
……141万4500円

2012年5月に最後(?)のマイナーチェンジを受けた「ホンダ・フィット」。“国民的コンパクトカー”の基本グレードの走りはどこまで熟成されたのか。

“体幹”をじわっと強化

現行「フィット」がデビューしたのは2007年。早いもので、今年で5年目になる。ウワサでは2013年にフルモデルチェンジするらしいから、このままさしたる手直しなしでいくのだろうと思っていたら、2012年5月にマイナーチェンジを受けた。女性向きの「シーズ(She's)」や「ハイブリッドRS」が新たに加わるなど、話題としてはわりと大きなものであった。

このとき、ハイブリッドではないごく普通のガソリンエンジン搭載車も改良を受けている。しかし、その内容は「シーズ」や「RS」の華やかさに比べたら地味で堅実なものだった。

今回試乗した1.3リッター「Gスマートセレクション」のCVT搭載車に話を絞れば、まずJC08モード燃費が20.6km/リッターから21.0km/リッターへ約2%引き上げられている。そしてセンターコンソールやドリンクホルダー(インパネ左右)にLEDの照明が付き、後席中央のヘッドレストが標準で装備された。VSA(トラクションコントロール+横すべり防止)については標準装備化されたグレードもあったが、Gスマートセレクションでは残念ながらオプションにとどまった。

コンパクトカーはその国のモータリングのいわば足腰。表面的な装飾などではなく、その“体幹”ともいえる基本性能の強化は賛成だ。新型は価格も頑張っていて、車両価格は従来より3万円安い132万円とされた。

では、早速走りだしてフィットの熟成ぶりをチェックしていこう。

1.3リッターエンジンは99psと12.8kgmを発生(CVT搭載車の場合)。アイドリングストップ機構は搭載されない。
1.3リッターエンジンは99psと12.8kgmを発生(CVT搭載車の場合)。アイドリングストップ機構は搭載されない。 拡大
インパネのデザインに変更はなかった。テスト車に搭載されているナビゲーションシステムはディーラーオプション。
インパネのデザインに変更はなかった。テスト車に搭載されているナビゲーションシステムはディーラーオプション。 拡大
マイナーチェンジでドリンクホルダー(写真)とセンターコンソールに青色LEDのイルミネーションが付いた。
マイナーチェンジでドリンクホルダー(写真)とセンターコンソールに青色LEDのイルミネーションが付いた。 拡大

基本は変わらない

1.3リッターエンジンのパワーとトルクは、マイナーチェンジの前後で変化はない。低速域から不満のないトルクを発生する美点も従来と同じ。都市部の道の流れに身をゆだねて走るなら2500rpm、いや2000rpmも回せば十分。一定速走行に移ると、タコメーターの針はすっと1000rpmあたりまで落ちる。そんな感じで、気が付くとアイドリングから数百回転高いだけの領域で走っているような設定だから、室内に透過してくるエンジンノイズは小さい。ロードノイズの方が目立つくらいだ。

試乗車には、フィットではおなじみのヨコハマ・アスペックが装着されていた。このタイヤはするするっといかにも少ない抵抗で転がる感触がある反面、同時に“低ころタイヤ”にありがちな踏面(とうめん)の硬さも伝えてきて、ロードノイズがやや騒々しいきらいがある……そう思って、過去にフィットに試乗したときのメモを見返したら、同じことが記してあった。

さらに、フィットは初代モデルから乗り心地が独特で、スポーティーな仕様ではないごく標準的なものでも、ヒョコヒョコとした小刻みな上下動を残す傾向がある。もうちょっとサスペンションにゆったりとしたストローク感があって、どしっと腰が据われば快適になるのに、と感じたところも、マイナーチェンジ前のモデルと変わらない。

とまあ、率直なところ、従来のフィットの美点だけでなく、気になるところもほぼそのまま受け継がれている印象を持った。

フィットは次期モデルでフロアパンを含めたアーキテクチャー(車体の骨格部分)が一新されるそうだから、きっとそのとき、大きな進化が見られるのだろう。

ボディーカラーは「フィット」全体で13色そろうが、基本グレードたる「13G」および「13Gスマートセレクション」で選べるのは9色。
ボディーカラーは「フィット」全体で13色そろうが、基本グレードたる「13G」および「13Gスマートセレクション」で選べるのは9色。 拡大
試乗車のボディーカラーは「ミラノレッド」。これと組み合わされる内装色はベージュのみ。
試乗車のボディーカラーは「ミラノレッド」。これと組み合わされる内装色はベージュのみ。 拡大
後席のシートベルトは中央も3点式。マイナーチェンジで中央席用ヘッドレストも標準装備となった。
後席のシートベルトは中央も3点式。マイナーチェンジで中央席用ヘッドレストも標準装備となった。 拡大

新型よ、どこへ行く?

ところでホンダはいま、クルマ造りの大きな転換点に差し掛かっているのをご存じだろうか。彼らは「Earth Dream Technologies」というキャッチフレーズを掲げて次世代技術の開発を行っているが、この内容がすごい。今後数年以内に、あらゆるパワートレインを一新しようとしているのである。

まずは、2012年秋に新しい2.4リッター直4と3.5リッターV6エンジンを投入し、2013年に1.3〜1.5リッター、および1.8〜2リッターが続くそうだ。すでに発表されている軽自動車のエンジンを合わせて、ガソリンユニットは5系統すべてが替わることになる。それに合わせて、次世代CVTとデュアルクラッチ・トランスミッションを発表するという。
さらにハイブリッドシステムでは新型のIMAを投入し、2モーターのストロングハイブリッドと、次期「NSX」などに用いる3モーターの「スポーツハイブリッドSH-AWD」も実用化する。

次期フィットについていえば、パワートレインだけでなく、前述のとおりアーキテクチャーも新しいものになる。ひとことで言えば、従来の先進国マーケットを意識した設計を改め、新興国におけるパーツ調達、および生産を前提とした高い競争力を持つ“真のグローバルカー”になるとのことだ。わずか数年間で、これだけの入れ替えを行った自動車メーカーがかつてあっただろうか。ホンダの決断には大きな拍手を送りたい。

しかし同時に気になるのは、これほどの大改革を実施して、すべてに高い品質を保(たも)てるのかということである。

コストを過剰に優先させると商品力が痩せるもの。新興国と先進国のニーズを同時に満たそうとしたコンパクトカーの中には、“つや”が引いてしまったように感じられるものもある。いまや国民的コンパクトカーとなったフィットには、その轍(てつ)を踏んでほしくない。そう思うのは、筆者だけだろうか。

ホンダのお手並み拝見である。

(文=webCG 竹下元太郎/写真=小林俊樹)

今回の試乗距離は203km(うち約8割が高速道路)。燃費の総平均は満タン法で14.7km/リッター、トリップコンピューターだと17.0km/リッターとなった。
今回の試乗距離は203km(うち約8割が高速道路)。燃費の総平均は満タン法で14.7km/リッター、トリップコンピューターだと17.0km/リッターとなった。 拡大
ユーティリティーの高さは「フィット」の売りのひとつ。センタータンクレイアウトは、2013年に登場する新型に継承されるのではないだろうか。
ユーティリティーの高さは「フィット」の売りのひとつ。センタータンクレイアウトは、2013年に登場する新型に継承されるのではないだろうか。 拡大
モデルライフの終わりにいたっても現行「フィット」の人気に陰りは見えない。2012年1月〜6月期の販売台数は13万3345台。「トヨタ・プリウス」に次ぐ乗用車第2位だった。
モデルライフの終わりにいたっても現行「フィット」の人気に陰りは見えない。2012年1月〜6月期の販売台数は13万3345台。「トヨタ・プリウス」に次ぐ乗用車第2位だった。 拡大