日産「サニー」、低排出化

2001.04.23 自動車ニュース
 
 
010423_036.gif

日産「サニー」、低排出化(4/23)

日産自動車は、1.5リッターエンジンを搭載した「サニー」の2WDモデルを「良-低排出ガス車」とし、2001年4月19日に発売した。

1.5リッター「QG15DE(NEO)」ユニットと2WDの組み合わせで、国土交通省の低排出ガス車認定制度で「良-低排出ガス車」の認定を受けた。さらに2010年度燃費基準にも適合し、環境配慮化(グリーン化)税制の優遇措置を受けられる。
つまり、いまサニーの1.5リッターモデルを買うと、2002年3月31日まで自動車取得税が1万5000円低減され、また2003年3月31日までに登録を済ませると、新規登録の翌年度から2年間、自動車税が13%低減される。

1.5リッター+2WDの価格は、126.1万円から164.9万円まで。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
サニー日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産「サニー」にディーゼルエンジンを搭載 1999.9.20 自動車ニュース 日産自動車は「サニー」に直噴ディーゼルエンジン搭載車を追加し、9月14日より発売した。今回「サニー」に搭載されるようになった直噴ディーゼルエンジンは、排気量2184ccの直列4気筒NEO Di「YD22DD」エンジンだ。その特徴は、低燃費化されていること、排気ガス中のNOx、PM(粒子状物質)、CO2の削減、4バルブDOHC採用による動力性能の向上などがあげられる。燃費は、電子制御4段オートマチックトランスミッション「E-ATx」との組み合わせにより、10・15モードで17.0km/リッター、5段マニュアル車で20.0km/リッターを実現したという。これにより「低燃費車の自動車取得税減税」の対象にもなっている。価格は、「サニーFE」の129.1万円(5MT車)からとなる。このディーゼルエンジン、(財)省エネルギーセンター主催の「平成10年省エネ大賞 省エネルギーセンター会長賞」を受賞しているということです。賞の受賞よりも、正直そのような財団法人の存在に興味がありますね。(Web CG 有吉)
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 第1回:次の日産スカイライン 2013.9.22 世界のNISSAN、イッキ乗り!
  • トヨタ「クラウン」シリーズの特別仕様車 2002.8.12 自動車ニュース