「スマートクーペ」、一部改良

2001.04.23 自動車ニュース
 
 
010423_038.gif

「スマートクーペ」、一部改良(4/23)

ダイムラークライスラー日本は、2人乗りのコンパクトカー「スマートクーペ」に一部改良を施し、2001年4月18日から発売した。

今回の一部改良では、フロントサスペンションの仕様変更等により、操縦安定性の向上、装備の充実が図られた。

フロントサスペンションは、従来までのリーフ式(ダイムラークライスラーいうところのダンパーストラット式)から、マクファーリンストラット式に変更。キャスター角を大きくすることで、操縦安定性の向上をねらった。

装備面では、ボディ色に新しい「リバーシルバー」と英数字のまだら模様がちりばめられた「ニューメリックブルー」を採用。加えて、サイドインジケーターランプ、リアテールランプのレンズカバーを新意匠のものとしたほか、本革巻きステアリングホイール、同シフトノブを新たに設定した。

価格は、従来モデルから据え置かれ、130.0万円。

(webCG わたなべ)

 
 

関連キーワード:
フォーツースマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
ホームへ戻る