「スマートクーペ」、一部改良

2001.04.23 自動車ニュース
 
 
010423_038.gif

「スマートクーペ」、一部改良(4/23)

ダイムラークライスラー日本は、2人乗りのコンパクトカー「スマートクーペ」に一部改良を施し、2001年4月18日から発売した。

今回の一部改良では、フロントサスペンションの仕様変更等により、操縦安定性の向上、装備の充実が図られた。

フロントサスペンションは、従来までのリーフ式(ダイムラークライスラーいうところのダンパーストラット式)から、マクファーリンストラット式に変更。キャスター角を大きくすることで、操縦安定性の向上をねらった。

装備面では、ボディ色に新しい「リバーシルバー」と英数字のまだら模様がちりばめられた「ニューメリックブルー」を採用。加えて、サイドインジケーターランプ、リアテールランプのレンズカバーを新意匠のものとしたほか、本革巻きステアリングホイール、同シフトノブを新たに設定した。

価格は、従来モデルから据え置かれ、130.0万円。

(webCG わたなべ)

 
 

関連キーワード:
フォーツースマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • スマートのラインナップに「BRABUSスポーツ」追加設定 2017.8.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年8月30日、スマートのモデルラインナップに「BRABUSスポーツ」を追加設定し、販売を開始した。BRABUSスポーツは、スマートのターボ車をベースに、高性能バージョン「スマートBRABUS」デザインの内外装パーツを装着したモデルである。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る