プジョー、オープンモデル「206CC」発売

2001.04.26 自動車ニュース
 
 
010426_048.gif

プジョー、オープンモデル「206CC」発売(4/26)

プジョージャポンは、人気モデル「206」に、2+2の2ドアオープンカー「CC」を追加設定、2001年4月25日から予約注文の受付を開始した。発売は5月25日から。

「206CC」の“CC”は、クーペカブリオレの略。メルセデスベンツSLKと同様の、というよりは、1930年代の「プジョー402L タイプE4 クペ・トランスフォルマブル・エレクトリーク」に先祖がえりして、「電動格納式ハードトップ」を採用した。フルオープンとクーペの2つのボディをひとつのハードウェアで両立させたというのが、その名の由来である。

ルーフを閉じた状態ではクーペ、センターコンソールの小さなスイッチを押すと、約20秒でハードトップがトランク内収納スペースに収められ、フルオープンカーへと変身する。

オープン化にともないボディ剛性の強化が図られた。サブフレーム、バルクヘッドの補強に加え、フロント、リア各2本のチューブラーバーの追加などで補強された。その分、 重量も100kg強増えている。トランク容量は、クーペ時で320リッター、オープンにすると150リッター。

当面、日本に導入されるのは、1.6リッター直4DOHCエンジン(108ps)と4ATを組み合わせたモデル。右ハンドル仕様で、価格は275.0万円。

プジョージャポンは、年内の日本への供給台数を、生産台数が限定されているため、700台程度と見込んでいる。プジョー車のさらなる販売増が期待されるモデルだ。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
206CCプジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308CC グリフ(FF/4AT)【試乗記】 2009.8.14 試乗記 プジョー308CC グリフ(FF/4AT)
    ……455.0万円

    プジョーの4人乗りオープン「308CC」。実用的でオシャレなクーペ・カブリオレに試乗して一番心に残ったのは、屋根が開くところではなく……。
  • プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)【試乗速報】 2009.5.18 試乗記 プジョー308CC プレミアム(FF/4AT) ……420.0万円

    まもなく日本での販売が開始される「プジョー308CC」に初試乗。そのスタイルと存在感に強烈な個性を感じさせる新型オープンモデルの走りやいかに。
  • ホンダ CBR250RR(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.16 試乗記 250ccの排気量で動力性能を極める……。ここにきて再燃の兆しを見せる“ニーハン”クラスのバイク競争に、ホンダがニューモデル「CBR250RR」を投入した。由緒正しき“RR”の名を冠する、小さなスーパーバイクの実力を試す。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る