トヨタ、「ナディア」をマイナーチェンジ

2001.04.27 自動車ニュース
010427_050.gif

トヨタ、「ナディア」をマイナーチェンジ(4/27)

トヨタ自動車は、「ミディアムクラスの次世代乗用車」こと「ナディア」をマイナーチェンジし、2001年4月25日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、環境対応型の2リッター直噴BEAMSエンジン「D-4」(152ps/20.4kgm)を採用したのが最大の特徴。VVT-i(可変バルブタイミング機構)を備えるこのユニットは、低排出ガス車認定制度における平成12年基準排出ガス25%低減レベル」を達成。平成22年度新燃費基準もパスしたという。

内外装も一新された。フロントバンパーやフロントグリル、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプを新意匠とし、「ワイド感と高級感を演出」(広報資料)。加えて、ボディ色に新たに5色を追加し、全7色とした。
内装では、後席のシートサイズを拡大し座り心地を向上。また全車にクリーンエアフィルター付きのオートエアコンを標準装備したほか、コンビネーションメーター、ヒーターコントロールパネルを新デザインのものとした。

安全装備も充実。全車に、EBD付きABS、ブレーキアシスト、後席ISO FIX対応チャイルドシート固定専用バーを標準で装備した。
価格は、189.8万円から237.8万円。

同時に、お年寄り、身体の不自由な方向けの福祉車両「ウェルキャブ」シリーズも発売された。助手席が全自動で回転、スライドダウンし、 車いすからの乗り降りをサポートする「助手席リフトアップシート車」を改良し乗降性を向上させたほか、操舵力がベース比40%軽減された「フレンドマチック取付用専用車」も新設定した。194.2万円から262.9万円。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「ナディア」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Nadia/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。