スズキ、モータースポーツ用「Kei」発売

2001.05.01 自動車ニュース
 
 
010501_001.gif

スズキ、モータースポーツ用「Kei」発売(5/1)

スズキは、軽自動車「Kei」に、モータースポーツ入門者用の「KeiスポーツR」を追加設定、2001年4月26日に発売した。

「KeiスポーツR」は、ラインナップ中最もスポーティとされる「Keiスポーツ」(直3DOHCインタークーラーターボ/2WD/5MT)がベース。日常の使用に支障のない程度装備を簡略化し、競技車両としても使えるようにしたモデルだ。

防振・防音用メルシート、ステレオ、スピーカー、パワーウィンドウなど競技上不要な装備を省き、車体を軽量化。代わりに競技車に必要なロールケージ、前後大型牽引フック、レース用シートベルトなどを追加装備し、買った状態でもレースに参加できるような仕様とした。エアコン、パワーステアリングなど最低限の装備は付いているので、一般道での利用にも困らない。
価格は、ベース車の10.5円安、109.8万円。「気軽にレース参加できるものとした」(広報資料)。

「KeiスポーツR」発売に合わせて、同車をつかったワンメイクレースシリーズ「スズキKeiスポーツカップ」開催も発表された。昨年から始まった、トヨタの「ネッツカップ・ヴィッツシリーズ」同様、ナンバー付き車両での参加、低コストをウリにする入門レースシリーズだ。開催初年度の今年は、6月の第1戦を皮切りに、全3戦が筑波サーキットで開催される予定という。

(webCG 有吉)

 
 
関連記事 ホームへ戻る