トヨタ、旗艦車「センチュリー」を一部改良

2001.05.09 自動車ニュース
 
 
010509_015.gif

トヨタ、旗艦車「センチュリー」を一部改良(5/9)

トヨタ自動車は、フラッグシップ「センチュリー」を一部改良し、2001年5月7日から販売を開始した。

今回の改良では、ITS(高度道路交通システム)機器の導入、および快適、機能装備の充実を図った。
疲労感の軽減などに寄与するといわれるマイナスイオン発生装置を「自動車として初めて設定」(トヨタ)。加えて、最新版の「DVDボイスナビゲーション付きEMV(エレクトロマルチビジョン=7インチワイドディスプレイ)」や、料金所での通行料支払いをノンストップでできる「有料道路自動料金収受システム(ETC)」対応の車載器、緊急時の通報システム「ヘルプネット」対応ユニットなどをオプション設定した。

さらに、グラファイトコート採用のワイパーブレードや、カードホルダー付き運転席サンバイザーなども装備。ドライバーの使用性にも配慮した。

価格は、938.0万円から1000.0万円まで。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「センチュリー」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Century/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
ホームへ戻る