大人のスカイラインGT-R登場!

2001.05.10 自動車ニュース
 
 
010510_020.gif

大人のスカイラインGT-R登場!(5/10)

2001年5月8日、日産自動車は「スカイラインGT-R」に新グレード「M・ spec」を追加した。「大人の感性を刺激し、大人のこだわりをも満足させる、もうひとつのGT-R」を開発コンセプトに、英国への輸出をも意識した「本革内装」と、路面からの微振動を制御する「リップルコントロールショックアブソーバー」を採用したのがウリ。“走り”指向の若者、クルマ好きのみならず、日産テクノロジーの頂点に立つクルマの購入を、ふところ豊かな年輩の方にもご検討いただきたい、というワケだ。

「M・spec」の装備、メカニズムは、「V・specII」に準ずる。つまり、4WDシステムはアクティブにLSDをコントロールする「ATTESA E-TS PRO」、ボディ前後下面にはフロント&カーボン製リアディフューザー、そしてブレーキ導風板も備える。ただし、ボンネットはカーボンではなく、標準モデルと同じアルミ製。それでもスゴいが……。タコメーターは、Vスペ同様、3000rpm以下の目が細かい「2段表示式」である。
価格は、V・specIIより20.2万円高い595.0万円。

「V・specIIとほぼ同等の走行性能を確保しながら、しなやかな乗り心地を実現」(プレスリリース)したという「M・spec専用チューニングサスペンション」は、リアアンチロールバーの径をΦ24.2からΦ23.0に変更したほか、ダンパー内に特殊なゴムでできた「ダンピングコントロールリップ」を組み込んだ。細かい振動を抑えるとともに、ステアリングのしっかり感も向上したという。

M・specのシート形状は、本革ながらGT-R専用モノフォルムバケットシートと同じ。手間暇かけて、レザーを張り込んだ。通気性を考慮してシートバックにパンチング素材を使用、ショルダー部には滑りにくいバックスキン調の「エクセーヌ」を張り、テーマカラーに準じた金色のステッチを入れる凝りよう。「季節を問わずドライビングを楽しんでいただけるよう」シートヒーター付きも装備される。あわせて、ステアリングホイールも本革巻きとなった。
なお、革張り専用バケットシートは、熟練職人による手縫いのため1カ月に100脚しかつくれない。つまり、M・specは、最大月産数50台である。

ボディカラーは、金色の専用色「シリカブレス」ほか、黒、銀、白の4色が用意される。

(webCGアオキ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る