大人のスカイラインGT-R登場!

2001.05.10 自動車ニュース
 
 
010510_020.gif

大人のスカイラインGT-R登場!(5/10)

2001年5月8日、日産自動車は「スカイラインGT-R」に新グレード「M・ spec」を追加した。「大人の感性を刺激し、大人のこだわりをも満足させる、もうひとつのGT-R」を開発コンセプトに、英国への輸出をも意識した「本革内装」と、路面からの微振動を制御する「リップルコントロールショックアブソーバー」を採用したのがウリ。“走り”指向の若者、クルマ好きのみならず、日産テクノロジーの頂点に立つクルマの購入を、ふところ豊かな年輩の方にもご検討いただきたい、というワケだ。

「M・spec」の装備、メカニズムは、「V・specII」に準ずる。つまり、4WDシステムはアクティブにLSDをコントロールする「ATTESA E-TS PRO」、ボディ前後下面にはフロント&カーボン製リアディフューザー、そしてブレーキ導風板も備える。ただし、ボンネットはカーボンではなく、標準モデルと同じアルミ製。それでもスゴいが……。タコメーターは、Vスペ同様、3000rpm以下の目が細かい「2段表示式」である。
価格は、V・specIIより20.2万円高い595.0万円。

「V・specIIとほぼ同等の走行性能を確保しながら、しなやかな乗り心地を実現」(プレスリリース)したという「M・spec専用チューニングサスペンション」は、リアアンチロールバーの径をΦ24.2からΦ23.0に変更したほか、ダンパー内に特殊なゴムでできた「ダンピングコントロールリップ」を組み込んだ。細かい振動を抑えるとともに、ステアリングのしっかり感も向上したという。

M・specのシート形状は、本革ながらGT-R専用モノフォルムバケットシートと同じ。手間暇かけて、レザーを張り込んだ。通気性を考慮してシートバックにパンチング素材を使用、ショルダー部には滑りにくいバックスキン調の「エクセーヌ」を張り、テーマカラーに準じた金色のステッチを入れる凝りよう。「季節を問わずドライビングを楽しんでいただけるよう」シートヒーター付きも装備される。あわせて、ステアリングホイールも本革巻きとなった。
なお、革張り専用バケットシートは、熟練職人による手縫いのため1カ月に100脚しかつくれない。つまり、M・specは、最大月産数50台である。

ボディカラーは、金色の専用色「シリカブレス」ほか、黒、銀、白の4色が用意される。

(webCGアオキ)

 
 

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 新型「GTR」、最高出力は450psでキマリ!? 2007.3.16 自動車ニュース 2007年4月のニューヨークショーで、スカイライン「G37スポーツクーペ」がデビュー。そこから見えてくる新型「GTR」の姿とは? アメリカからのリポート。
  • 新型スバル・フォレスター(国内仕様車) 2018.5.18 画像・写真 新型「スバル・フォレスター」の販売が2018年夏にスタート! その姿を写真で紹介する。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
ホームへ戻る