トヨタ、「ヴィッツ」などに特別仕様車を設定

2001.05.10 自動車ニュース
 
 
010510_016.gif

トヨタ、「ヴィッツ」などに特別仕様車を設定(5/10)

トヨタ自動車は、1967年のトヨタオート設立から本年3月までの販売台数が1000万台に達したことを記念して、「ヴィッツ」「ライトエースノア」「ラウム」の3車に特別仕様車「10millionセレクション」を設定し、2001年5月8日に発売した。

「10millionセレクション」は、専用ボディ色や、電動格納式リモコンカラードドアミラー、リモコンドアロックなどを付与しつつ、価格を抑えお買得感を出したモデルである。
各車の特徴は以下の通り。

■ヴィッツ「F“Dパッケージ10millionセレクション”」
運転席シート上下アジャスターなどを装備する「F“Dパッケージ”」をベースに、専用ボディ色クレーメタリック、ストロングブルーメタリックを設定した。
価格は、ベース車の2.0万円高で、100.8から135万円。

■ライトエースノア「G“10millionセレクション”」
ボディ色にホワイトパールマイカ(専用色としてオプション設定)とシルバーメタリックの2色を設定。ボディ同色のカラードドアハンドルとカラードマッドカードを採用し、高級感を演出した。また特別装備として前席アームレストが備わる。
価格は、ベース車の3.5から5.7万円安、179.8から207.0万円

■ラウム「セパレート“10millionセレクション”」
5人乗り「セパレート」をベースに、専用ボディ色シルキーホワイトトーニングを設定。加えて、メッキ処理を施したフロントグリルやバックドアライセンスガーニッシュ、メッキ調のフロアアウトサイドドアハンドル、カラードサイドプロテクションモール、ボディ同色のカラードバックドアアウトサイドドアハンドル、カラーサイドプロテクションモールを採用し、上質感を出した。
内装には、専用シート&ドアトリム表皮、大型ファブリック巻ヘッドレスト、木目長のヒーターコントロールパネルやパワーウインドウスイッチベースを配する。
さらに、特別装備として前席アームレスト、高効率H4バルブマルチリフレクターヘッドランプ、CDカセット一体AM/FMマルチ電子チューナー付ラジオ&4スピーカを奢った。
価格は、ベース車の9.0万円高、158.8から178.8万円

(webCG わたなべ)

 
 

関連キーワード:
ヴィッツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
ホームへ戻る