トヨタ、「ヴィッツ」などに特別仕様車を設定

2001.05.10 自動車ニュース
 
 
010510_016.gif

トヨタ、「ヴィッツ」などに特別仕様車を設定(5/10)

トヨタ自動車は、1967年のトヨタオート設立から本年3月までの販売台数が1000万台に達したことを記念して、「ヴィッツ」「ライトエースノア」「ラウム」の3車に特別仕様車「10millionセレクション」を設定し、2001年5月8日に発売した。

「10millionセレクション」は、専用ボディ色や、電動格納式リモコンカラードドアミラー、リモコンドアロックなどを付与しつつ、価格を抑えお買得感を出したモデルである。
各車の特徴は以下の通り。

■ヴィッツ「F“Dパッケージ10millionセレクション”」
運転席シート上下アジャスターなどを装備する「F“Dパッケージ”」をベースに、専用ボディ色クレーメタリック、ストロングブルーメタリックを設定した。
価格は、ベース車の2.0万円高で、100.8から135万円。

■ライトエースノア「G“10millionセレクション”」
ボディ色にホワイトパールマイカ(専用色としてオプション設定)とシルバーメタリックの2色を設定。ボディ同色のカラードドアハンドルとカラードマッドカードを採用し、高級感を演出した。また特別装備として前席アームレストが備わる。
価格は、ベース車の3.5から5.7万円安、179.8から207.0万円

■ラウム「セパレート“10millionセレクション”」
5人乗り「セパレート」をベースに、専用ボディ色シルキーホワイトトーニングを設定。加えて、メッキ処理を施したフロントグリルやバックドアライセンスガーニッシュ、メッキ調のフロアアウトサイドドアハンドル、カラードサイドプロテクションモール、ボディ同色のカラードバックドアアウトサイドドアハンドル、カラーサイドプロテクションモールを採用し、上質感を出した。
内装には、専用シート&ドアトリム表皮、大型ファブリック巻ヘッドレスト、木目長のヒーターコントロールパネルやパワーウインドウスイッチベースを配する。
さらに、特別装備として前席アームレスト、高効率H4バルブマルチリフレクターヘッドランプ、CDカセット一体AM/FMマルチ電子チューナー付ラジオ&4スピーカを奢った。
価格は、ベース車の9.0万円高、158.8から178.8万円

(webCG わたなべ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る