アウトドアへ行コールマン(!?)日産、期間限定車発売

2001.05.11 自動車ニュース
 
 
010511_023.gif

アウトドアへ行コールマン(!?)日産、期間限定車発売(5/11)

日産自動車は、「セレナ」「リバティ」「エルグランド」「キューブ」に、アウトドアレジャーに便利な装備を充実させた期間限定車「コールマンバージョン」を設定、2001年5月8日に発売した。

コールマン社は、アウトドア用品で有名なメーカー。その100周年を記念してつくられたクルマが、日産「コールマンバージョン」である(なお、他のコールマン社の100周年記念商品には、ナイフや寝袋、オイルライターなどがある)。

「コールマンバージョン」全車共通の装備として、専用「Coleman」エンブレム、センターコンソールボックス内に新設されたAC100V、100Wのコンセント、ラゲッジルームを照らす「ラゲッジスポットランプ」などがあげられる。

各車の特徴は以下の通り。

■セレナ・コールマンバージョン
2リッターガソリンユニット搭載の「J-Vパック・ハイルーフ」をベースに、12Vの電源や大型バッテリーなどを標準装備。加えて、防水ラゲッジマット、ルーフネット、専用フロアカーペットマットの3点がディーラーオプション設定される。価格は、214.9万円(CVT/2WD)から239.9万円(CVT/4WD)。

■リバティ・コールマンバージョン
ベース車は、2リッターガソリンエンジン「G/G‐ナビパッケージ」。ルーフレールや大型バッテリーなどを標準で備え、防水ラゲッジマット、ラゲッジネット、専用フロアカーペットマットの3点をディーラーオプションとする。196.7万円(CVT/2WD)から220.7万円(CVT/4WD)。

■エルグランド・コールマンバージョン
3.5リッターガソリンエンジンを載せた「Vラウンジパッケージ装着車」に、3列目シートバックネットや寒冷地仕様などを標準装備。防水ラゲッジマット、ラゲッジネット、専用フロアカーペットはディーラーオプションとなる。321.6万円(4AT/2WD)から351.1万円(4AT/4WD)。

■キューブ・コールマンバージョン
1.3リッター「S」に、専用ブラックメーターやCD一体型AM/FM電子チューナーラジオ+4スピーカーなどを装備。防水ラゲッジマット、ツーウェイネット、専用フロアカーペットはディーラーオプション。127.8万円(4AT/2WD)から152.1万円(CVT/4WD)。

なお、エルグランドとキューブは、5月から8月まで、リバティとセレナは、5月から12月までの期間限定販売となる。

(webCG 平山)

日産自動車
コールマンバージョン「セレナ」:http://www.nissan.co.jp/SERENA/C24/9906/COLE/
同「リバティ」:http://www.nissan.co.jp/LIBERTY/M12/0105/COLE/
同「エルグランド」:http://www.nissan.co.jp/ELGRAND/E50/0105/COLE/
同「キューブ」:http://www.nissan.co.jp/CUBE/Z10/0105/COLE/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セレナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナG(FF/CVT)【試乗記】 2016.9.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編) 2017.3.2 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダ・オデッセイ アブソルート」に試乗する。オデッセイのハンドリングの良さに感銘を受けた谷口は、ミニバンのキモである室内にはどんな評価を下すのか?
ホームへ戻る