フォルクスワーゲン、売上好調

2001.05.11 自動車ニュース
010511_021.gif

フォルクスワーゲン、売上好調(5/11)

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、2001年4月のフォルクスワーゲン・ブランドの登録台数が、前年比9%増の3665台となり、フォルクスワーゲン・ブランドとして、4ヶ月連続で同社の過去最高記録を更新した、と2001年5月8日に発表した。

VGJは好調の理由を、2001年2月に発売したゴルフの累計生産2000万台記念特別仕様車「Golf ZM Edition」(ZMとはドイツ語で2000万を意味するZwanzig Millionenの頭文字を取ったもの)や、ゴルフカブリオレ「カラーコンセプト」(内外装に独自の配色を施した250台の限定車。写真)の販売が好調であったため、と分析する。

VGJは、2年連続の輸入車年間登録台数No.1を勝ち取るため、2001年後半に「ポロ」より小さい「ルポ」と、ビッグマイナーチェンジを経てグッと立派になった「ニュー・パサート」を投入する予定という。

(webCG 平山)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。