ボルボの2013年モデル、装備を改め発売

2012.08.17 自動車ニュース

ボルボの2013年モデル、装備を改め発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは、ボルボ各モデルの仕様・装備を見直し、2012年8月17日に発売した。

今回の変更では、1.6リッター直4ターボ「T4」エンジンの改良により、「S60」「V60」「V70」シリーズの同エンジン搭載車種の燃費性能がアップ。エコカー減税やエコカー補助金の適用レベルが拡大した。
また、歩行者検知機能付きの追突回避・軽減フルオートブレーキシステム「ヒューマン・セーフティ」を含むセットオプション「セーフティ・パッケージ」には以下の二つの新機能が追加され、これまでより5万円安い20万円で提供される。(※「XC60」のみ15万円)

・RSI(ロード・サイン・インフォメーション):カメラセンサーを利用し、制限速度等の道路標識の情報をインストゥルメントパネルに表示。運転者が道路標識を認識するのをサポートする。
・AHB(アクティブ・ハイビーム):ハイビーム選択時、カメラセンサーを利用して対向車のヘッドライトや先行車のリアライトを検出。対向車や先行車がまぶしくならないように、ハイビームからロービームに自動的に切り替える。

その他、モデルごとの主な変更点と車両価格は、以下のとおり。

■C30

・エクステリアのユニークなカラーコンビネーションを選択できるオプション「コントラストカラー・ロア・ボディパネル」を導入。

「C30 2.0」:299万円

■C70

・プレミアムソフトレザーシートやプレミアムサウンドオーディオシステム、18インチアルミホイールなどを含む「ラグジュアリー・パッケージ」を標準装備に変更。
・セットオプション「インスクリプション・パッケージ」(専用フロントグリル、専用レザートップ・ダッシュボード、Inscriptionロゴ入りプレミアム・ソフトレザーシート、スポーツペダル、スペシャルデザイン18インチアルミホイール:25万円)を新設定。

「C70 T5」:599万円

■S80

・新安全技術「RSI(ロード・サイン・インフォメーション)」「AHB(アクティブ・ハイビーム)」を搭載。
・新機能「オートライト」の採用。
・「イルミネーテッド・シフトノブ」を採用。

「S80 T6 AWD」:709万円

■V70

・「V70 T4」に「パークアシスト(リア)」「速度感応式パワーステアリング(3段階レベル調整機能付き)」「フロントシートヒーター」を追加。
・従来の「V70 T5 SE」は新たにT4エンジンを搭載し、モデル名を「V70 T4 SE」に変更。さらに、「クラシックウッドパネル」「パークアシスト(リア)」「速度感応式パワーステアリング(3段階レベル調整機能付き)」を装備。
・「V70 T6 AWD」に18インチアルミホイール”Sleipner”を採用。
・T4エンジンの改良により、JC08モード燃費が12.4km/リッターから13.6km/リッターに向上。
・新安全技術「RSI」「AHB」をオプションのセーフティ・パッケージに追加(「V70 T6 AWD」は標準装備)。
・新機能「オートライト」を装備。
・「イルミネーテッド・シフトノブ」を新採用。

「V70 T4」:449万円
「V70 T4 SE」:499万円
「V70 T6 AWD」:709万円

■XC70

・新安全技術「RSI」「AHB」をオプションのセーフティ・パッケージに追加。
・新機能「オートライト」を装備。
・「イルミネーテッド・シフトノブ」を新採用。

「XC70 T6 AWD」:639万円

■XC90

・「XC90 3.2 AWD SE」の名称を「XC90 3.2 AWD」に変更。

「XC90 3.2 AWD」:659万円

■S60

・新安全技術「RSI」「AHB※」をオプションのセーフティ・パッケージに追加(「S60 T6 AWD R-DESIGN」は標準装備)。
・新機能「オートライト」を装備。
・「イルミネーテッド・シフトノブ」を新採用。
・T4エンジンの改良により、JC08モード燃費が12.8km/リッターから13.6km/リッターに向上。
・「S60 T4」用レザーパッケージに「本革巻き/シルクメタルステアリングホイール」と「アルミニウムベゼル付きメーターパネル」を追加。
・「S60 T6 AWD」に「PCC/キーレスドライブ」「アーバンウッドパネル」「トランク・スポイラー」を装備。
・「S60 T6 AWD R-DESIGN」に「専用本革スポーツシート」「PCC/キーレスドライブ」「トランク・スポイラー」「専用シルクメタル・ドアミラーカバー」を採用。R-DESIGN専用の新色「レーベルブルー」を追加。

(※「S60 T4」の場合、アクティブ・ベンディング・デュアルキセノンヘッドライト搭載車のみ)

「S60 T4」:379万円
「S60 T6 AWD」:529万円
「S60 T6 AWD R-DESIGN」:599万円

■V60

・新安全技術「RSI」「AHB※」をオプションのセーフティ・パッケージに追加(「V60 T6 AWD R-DESIGN」は標準装備)。
・新機能「オートライト」を装備。
・「イルミネーテッド・シフトノブ」を新採用。
・T4エンジンの改良により、JC08モード燃費が12.8km/リッターから13.6km/リッターに向上。
・「V60 T4」用レザーパッケージに「本革巻き/シルクメタルステアリングホイール」と「アルミニウムベゼル付きメーターパネル」を追加。
・「V60 T6 AWD」に「PCC/キーレスドライブ」「アーバンウッドパネル」「ダークティンテッド・ガラス(リア・ウィンドウ5面)」を装備。
・「V60 T6 AWD R-DESIGN」に「専用本革スポーツシート」「PCC/キーレスドライブ」「トランク・スポイラー」「専用シルクメタル・ドアミラーカバー」を採用。R-DESIGN専用の新色「レーベルブルー」を追加。

(※「V60 T4」の場合、アクティブ・ベンディング・デュアルキセノンヘッドライト搭載車のみ)

「V60 T4」:399万円
「V60 T6 AWD」:549万円
「V60 T6 AWD R-DESIGN」:619万円

■XC60

・「XC60 T5」は装備を見直し、価格を499万円に設定。
・新安全技術「RSI」「AHB※」をオプションのセーフティ・パッケージに追加(「XC60 T6 AWD R-DESIGN」は標準装備)。
・新機能「オートライト」を装備。
・「イルミネーテッド・シフトノブ」を新採用。
・「XC60 T5」は、17インチアルミホイール“Segin”(シルバーストーン)を装備。
・「XC60 T6 AWD」は「クラシックウッドパネル」を追加。
・「XC60 T6 AWD R-DESIGN」にも、R-DESIGN専用の新色「レーベルブルー」を追加。

「XC60 T5」:499万円
「XC60 T6 AWD」:619万円
「XC60 T6 AWD R-DESIGN」:679万円

(webCG)

「ボルボV60」
「ボルボV60」 拡大
「ボルボC30」
「ボルボC30」 拡大
「ボルボC70」
「ボルボC70」 拡大
「ボルボS80」
「ボルボS80」 拡大
「ボルボV70」
「ボルボV70」 拡大
「ボルボXC70」
「ボルボXC70」 拡大
「ボルボXC90」
「ボルボXC90」 拡大
「ボルボS60」
「ボルボS60」 拡大
「ボルボV60」
「ボルボV60」 拡大
「ボルボXC60」
「ボルボXC60」 拡大

関連キーワード:
C30S60V70ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボC30 2.0e パワーシフト(FF/6AT)/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【試乗速報】 2009.2.20 試乗記 ボルボC30 2.0e パワーシフト(FF/6AT)/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)
    ……279.0万円/299.0万円

    ボルボのコンパクトな3モデルに、新たなエンジンとトランスミッションを得た「2.0e パワーシフト」が登場。300万円を切るエントリーグレードの実力や、いかに?
  • ボルボC30 2.0e Aktiv(FF/6AT)【試乗記】 2010.4.15 試乗記 ボルボC30 2.0e Aktiv(FF/6AT)
    ……353万7000円

    シャープな顔立ちに生まれ変わったボルボのコンパクトカー「C30」。ベーシックグレードで、その走りを検証する。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • ボルボC30(FF/5AT)【海外試乗記】 2007.1.25 試乗記 ボルボC30(FF/5AT)

    2006年のパリモーターショーで正式発表されたボルボの新型3ドアハッチバック「C30」。ガラス製のテールゲートが特徴の小さなボルボにスペインで試乗した。
  • ボルボC30 2.4i Aktiv(FF/5AT)/T-5(FF/5AT)【試乗速報(前編)】 2007.7.6 試乗記 ボルボC30 2.4i Aktiv(FF/5AT)/T-5(FF/5AT)
    ……355万7000円/387万円

    ボルボのコンパクトクーペ「C30」が日本導入となった。ガラス製テールゲートがユニークな新型に試乗。まずはラインナップとデザインについて。
ホームへ戻る