日産「セレナ」と「エルグランド」に特別仕様車

2001.05.14 自動車ニュース
 
 
010514_027.gif

日産「セレナ」と「エルグランド」に特別仕様車(5/14)

日産自動車は、RV「セレナ」と「エルグランド」に、装備を充実しつつ価格を抑えた、お買い得な特別仕様車を設定、2001年5月8日に発売した。

セレナの特別仕様車「J−Vパック NAVIエディション」(写真)は、2リッターガソリンユニットと4ATを搭載した「J‐Vパック」をベースに、バックモニター付きのナビゲーションシステム、15インチアルミホイールなどを付与したモデルだ。価格は、ベース車の14.9万円高、219.8万円。
また同車には、身体の不自由なかた向けの福祉車両「アンシャンテ」「チェアキャブ」も設定。「アンシャンテ」は、助手席が電動で回転・昇降する「助手席タイプ」など、また「チェアキャブ」は、電動リフトで車椅子のまま乗降できる「リフタータイプ」などを用意。価格は、242.8万円から372.8万円までとなる。

いっぽうエルグランドの特別仕様車は、「S−エディション」。3.5リッターガソリンエンジンを搭載した「V」をベースに、エアロパーツ、プライバシーガラスでお化粧。さらにCD/MD一体AM/FMチューナーラジオ(160W)を採用しつつ、ベース車のプラス5.2万円、315.0万円とした。
エルグランドにも、福祉車両の「アンシャンテ・セカンドシートタイプ脱着シート」が用意される。2列目左側のシートが、電動で回転・昇降し、車外で車椅子としても利用できるという同車は、377.8万円から414.1万円まで。

なお、スポーティグレード「エルグランド・ハイウェイスター」に、7人乗り仕様が設定されたのも新しい。

(webCG ひらやま)

 
 

関連キーワード:
セレナエルグランド日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.2.28 試乗記 日産の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、その名も「セレナe-POWER」が新登場。クローズドコースでの試乗を通じて、先にデビューした「ノートe-POWER」との違いや、ファミリーカーに採用した意義について考えた。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.4.9 試乗記 「日産セレナe-POWER」に試乗。高い効率性がうたわれる日産自慢の電動パワーユニット、e-POWER。500kmのドライブでその実用燃費を検証するとともに、ファミリーカーのあるべき姿について考えた。
  • 日産セレナNISMO(FF/CVT)【試乗記】 2018.2.23 試乗記 「日産セレナ」に、見た目と走りをスポーティーに仕立てた「セレナNISMO」が登場。日産のモータースポーツ部門の名を冠したミニバンは、ドライバーのスポーツドライビング欲求を満たすのみにあらず! 同乗する家族も幸せにする、トータル性能の高い一台に仕上がっていた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • 第87回:目指したのは「海外でも通用する昭和」!? 2018.4.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第87回は「目指したのは海外でも通用する昭和!?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビュー第4弾。「GT-R」のデザインに込められた思いとは? カーデザインに対する中村氏のホンネが炸裂!
ホームへ戻る