スズキ「ワゴンR」が国内累計生産150万台を突破!

2001.05.15 自動車ニュース
 
 
010515_029.gif

スズキ「ワゴンR」が国内累計生産150万台を突破!(5/15)

スズキは、軽乗用車「ワゴンR」の国内累計生産台数が、発売以来7年8ヶ月で150万台を突破したと、2001年5月10日に発表した。

「ワゴンR」は、ミニバンスタイルの軽自動車の先駆けとして、1993年9月にデビュー。広い室内空間、使い勝手の良さなどが認められ、93年「RJCニューカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞、96年以降、車名別国内年間販売台数で5年連続、全軽四輪のナンバー1の座につくヒット作となった。

累計販売台数が50万台となったのは、発売から3年2ヶ月たった96年10月。以後、98年10月のフルモデルチェンジを経て、99年3月には100万台を記録した。

(webCG 平山)

「スズキ」:
http://www.suzuki.co.jp/

 
 

関連キーワード:
ワゴンRスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・スペーシア ハイブリッドX/スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ【試乗記】 2018.1.29 試乗記 目指したのは「家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン」。2代目となる「スズキ・スペーシア」に試乗した。同じカテゴリーに“日本で一番売れているクルマ”という明確なライバルがいる状況で、スズキが投入した新型の出来栄えは?
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る