BMW「M3クーペ」にシーケンシャルトランスミッション

2001.05.16 自動車ニュース
 
 
010516_036.gif

BMW「M3クーペ」にシーケンシャルトランスミッション(5/16)

BMWジャパンは、3シリーズベースのスポーツモデル「M3クーペ」に、最新型のシーケンシャルトランスミッション「SMG-II」をオプション設定した。

「SMG-II(シーケンシャルMトランスミッションII)」は、先代のE36型M3でオプション設定された「SMG-I」の改良版だ。トルクコンバーターを介する「ティプトロニック」とは異なり、クラッチを電子制御してギアを変えるシステムである。つまり、クラッチペダルを踏む左足を、クルマが肩代わりしてくれるわけだ。もちろん、M3クーペSMG-IIは、2ペダルである。ATのMT版がティプトロとすれば、MTのAT版がSMGといえようか。

「F1レーシングカーのテクノロジーをフィードバック」(広報資料)した同システムでは、シフトレバーによる変速に加え、SMG−Iにはなかった、ステアリングホイール裏に装着された「バドルスイッチ」によるシフトが可能となった。あたかもF1マシンのように!油圧装置と各種センサーを統合したコントロールユニットによる、ミリ秒単位の素早い変速動作がウリである。

センターコンソールに設けられたスイッチで、自動変速の「オートマチックモード(Aモード)」とマニュアルシフトの「シーケンシャルモード(Sモード)」を選択できる。

「Aモード」では、2速発進やスポーツ走行など5つの走行パターンをプログラム化。速度センサーや前後方向加速度センサーのデータを総合的に解析し、上り坂での不必要なシフトアップを防止したり、下り坂では適切なシフトダウンをしてエンジンブレーキ効果増大を図る。

いっぽう「Sモード」では、快適走行からスポーツ走行まで、6種類のプログラムを用意。特に「S6」と呼ばれるレーシングスポーツシフトを選択すると、よりダイレクトなマニュアル感覚が味わえるという。パドルスイッチを素早く動かすことで、任意のギアポジションまで一気に切り替える「ジャンプシフト」にも対応している。

SMG-IIのオプション価格は、43.0万円。つまり、M3クーペ SMG-IIは829.0万円である。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
M3クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティションNEW 2018.4.19 画像・写真 「M3」「M4」ゆずりの3リッター直6ターボエンジン(最高出力410ps、最大トルク550Nm)を搭載。BMWのコンパクトなハイパフォーマンスモデル「BMW M2コンペティション」の姿を写真で紹介する。
  • BMWの新型SUV「X2」が日本デビュー 2018.4.16 自動車ニュース BMWジャパンは2018年4月16日、新型のSUV「BMW X2」を発表し、同日、受注を開始した。基本設計を「X1」と共有しつつも、クーペタイプのスタイリッシュなデザインを特徴としている。
  • レクサスRX450hL(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.3 試乗記 「レクサスRX」のラインナップに加わった「RX450hL」。全長を延長して、3列シートレイアウトを採用した新たなフラッグシップモデルは、ラグジュアリーSUVの分野にいかなる価値を創出したのだろうか。都市部での試乗を通じてじっくり考えた。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る