BMW「M3クーペ」にシーケンシャルトランスミッション

2001.05.16 自動車ニュース
 
 
010516_036.gif

BMW「M3クーペ」にシーケンシャルトランスミッション(5/16)

BMWジャパンは、3シリーズベースのスポーツモデル「M3クーペ」に、最新型のシーケンシャルトランスミッション「SMG-II」をオプション設定した。

「SMG-II(シーケンシャルMトランスミッションII)」は、先代のE36型M3でオプション設定された「SMG-I」の改良版だ。トルクコンバーターを介する「ティプトロニック」とは異なり、クラッチを電子制御してギアを変えるシステムである。つまり、クラッチペダルを踏む左足を、クルマが肩代わりしてくれるわけだ。もちろん、M3クーペSMG-IIは、2ペダルである。ATのMT版がティプトロとすれば、MTのAT版がSMGといえようか。

「F1レーシングカーのテクノロジーをフィードバック」(広報資料)した同システムでは、シフトレバーによる変速に加え、SMG−Iにはなかった、ステアリングホイール裏に装着された「バドルスイッチ」によるシフトが可能となった。あたかもF1マシンのように!油圧装置と各種センサーを統合したコントロールユニットによる、ミリ秒単位の素早い変速動作がウリである。

センターコンソールに設けられたスイッチで、自動変速の「オートマチックモード(Aモード)」とマニュアルシフトの「シーケンシャルモード(Sモード)」を選択できる。

「Aモード」では、2速発進やスポーツ走行など5つの走行パターンをプログラム化。速度センサーや前後方向加速度センサーのデータを総合的に解析し、上り坂での不必要なシフトアップを防止したり、下り坂では適切なシフトダウンをしてエンジンブレーキ効果増大を図る。

いっぽう「Sモード」では、快適走行からスポーツ走行まで、6種類のプログラムを用意。特に「S6」と呼ばれるレーシングスポーツシフトを選択すると、よりダイレクトなマニュアル感覚が味わえるという。パドルスイッチを素早く動かすことで、任意のギアポジションまで一気に切り替える「ジャンプシフト」にも対応している。

SMG-IIのオプション価格は、43.0万円。つまり、M3クーペ SMG-IIは829.0万円である。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
M3クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る