BMW「M3クーペ」にシーケンシャルトランスミッション

2001.05.16 自動車ニュース
 
 
010516_036.gif

BMW「M3クーペ」にシーケンシャルトランスミッション(5/16)

BMWジャパンは、3シリーズベースのスポーツモデル「M3クーペ」に、最新型のシーケンシャルトランスミッション「SMG-II」をオプション設定した。

「SMG-II(シーケンシャルMトランスミッションII)」は、先代のE36型M3でオプション設定された「SMG-I」の改良版だ。トルクコンバーターを介する「ティプトロニック」とは異なり、クラッチを電子制御してギアを変えるシステムである。つまり、クラッチペダルを踏む左足を、クルマが肩代わりしてくれるわけだ。もちろん、M3クーペSMG-IIは、2ペダルである。ATのMT版がティプトロとすれば、MTのAT版がSMGといえようか。

「F1レーシングカーのテクノロジーをフィードバック」(広報資料)した同システムでは、シフトレバーによる変速に加え、SMG−Iにはなかった、ステアリングホイール裏に装着された「バドルスイッチ」によるシフトが可能となった。あたかもF1マシンのように!油圧装置と各種センサーを統合したコントロールユニットによる、ミリ秒単位の素早い変速動作がウリである。

センターコンソールに設けられたスイッチで、自動変速の「オートマチックモード(Aモード)」とマニュアルシフトの「シーケンシャルモード(Sモード)」を選択できる。

「Aモード」では、2速発進やスポーツ走行など5つの走行パターンをプログラム化。速度センサーや前後方向加速度センサーのデータを総合的に解析し、上り坂での不必要なシフトアップを防止したり、下り坂では適切なシフトダウンをしてエンジンブレーキ効果増大を図る。

いっぽう「Sモード」では、快適走行からスポーツ走行まで、6種類のプログラムを用意。特に「S6」と呼ばれるレーシングスポーツシフトを選択すると、よりダイレクトなマニュアル感覚が味わえるという。パドルスイッチを素早く動かすことで、任意のギアポジションまで一気に切り替える「ジャンプシフト」にも対応している。

SMG-IIのオプション価格は、43.0万円。つまり、M3クーペ SMG-IIは829.0万円である。

(webCG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る