トヨタ「ハイラックスサーフ」にキラリと光る特別仕様車

2001.05.16 自動車ニュース
 
 
010516_035.gif

トヨタ「ハイラックスサーフ」にキラリと光る特別仕様車(5/16)

トヨタ自動車は、「ハイラックスサーフ」に特別仕様車「SSR-V ブラックナビゲーター」を設定、2001年5月9日を発売した。

「SSR-V ブラックナビゲーター」は、2.7リッターガソリンエンジン搭載の「SSR-V」をベースに、その名のとおり、黒の専用ボディ色とカーナビゲーションシステムを付与したモデルだ。

ガラスの粒子がキラキラ光る「ガラスフレーク塗装」を施した大型フェンダーを「日本初」(カタログ)採用。さらに、メッキ処理されたフロントバンパーやドアミラー、16インチアルミホイールを装着し、クールにキメる。カーナビは、オーディオ(カセット/CD/MD/TV/ラジオ)とナビゲーションシステムを包括した「GPSボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーションII」。ハイスピード検索や5ルート同時検索が可能で、ナビゲーション情報を画面と音声でドライバーに伝えてくれる。

価格は以下のとおり(ナビゲーション非装着車は、17.5万円安)。

2WD 247.6万円
4WD 272.5万円

(webCG くらた)

トヨタ自動車「ハイラックスサーフ・SSR-V ブラックナビゲーター」
http://www.toyota.co.jp/Showroom/Updates/HiluxSurf/blacknavi/

 
 
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ ピックアップ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.11.24 試乗記 10年ぶりの「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」復活に際し、「バン」と合わせてラインナップされたダブルキャブ ピックアップトラック。30年の歴史の中で、これが日本初導入となる「荷台付きのナナマル」の走りを試した。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る