CARTもてぎ、ホンダがポールポジション獲得

2001.05.18 自動車ニュース
010518_045.gif

CARTもてぎ、ホンダがポールポジション獲得(5/18)

栃木県はツインリンクもてぎで開催中のCART第5戦「ファイアストン・ファイアーホーク500」の予選が、2001年5月18日に行われた。25台中24台が1秒以内にひしめく激戦となった予選で、トップタイムをマークしたのは、ホンダエンジンを駆るブラジル人、エリオ・カストロネベス。上位4台をホンダエンジンユーザーが占め、ライバルのトヨタは5位から母国優勝を狙う。

カストロネベスは、1周1.5マイル(約2.4km)のオーヴァルトラックを、25.849秒(時速215.591mph=344.946km/h)で走行。自身初のオーヴァルでのポールポジションを獲得した。
「ホンダはトップ9位まで独占するつもりだったんだよね!」。予選後のカストロネベスは、冗談めかしてこうコメント。ホンダのホームレース初優勝に自信をのぞかせた。

予選2番手は、ポールタイムから0.142秒遅れて、ダリオ・フランキッティ。フロントロースタートながら、午前中のフリープラクティスでトップタイムをマークしていただけに、やや悔しさのこる予選となったようだ。

3位は、カストロネベスのチームメイトで2000年シリーズチャンピオンのジル・ド・フェラン。4位にはトニー・カナーンが入った。

トヨタエンジン最上位は、5位のルーキー、ブルーノ・ジャンケイラ。予選後、「やや風が強くて、ターン2で遅くなってしまった。今日のマシンはポールをとれるほど調子がよくなかったけど、好位置からのスタートだから、レースには自信をもってのぞむよ」と語った。

注目の日本人ドライバーは、ホンダユーザーの中野信治が中盤13位とまずまずの位置につけた。トヨタの高木虎之介は後ろから2番目の24番手スタート。本戦での活躍に期待しよう。

決勝レースは、19日(土)の午後12時30分から。天気予報によれば雨の心配はなさそうなので、昨年のような「1日遅れ開催」は免れそうだ。

■ファイアストン・ファイアーホーク500 予選結果
1位 エリオ・カストロネベス(レイナード・ホンダ)
2位 ダリオ・フランキッティ(レイナード・ホンダ)
3位 ジル・ド・フェラン(レイナード・ホンダ)
4位 トニー・カナーン(レイナード・ホンダ)
5位 ブルーノ・ジャンケイラ(ローラ・トヨタ)
............................................................
13位 中野信治(レイナード・ホンダ)
24位 高木虎之介(レイナード・トヨタ)

■テレビ放映スケジュール
5月19日 16:00-17:55 日本テレビ系列28局ネット

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。