トヨタ「ヴィッツ」にアイドリングストップ車

2001.05.18 自動車ニュース
 
 
010518_043.gif

トヨタ「ヴィッツ」にアイドリングストップ車(5/18)

トヨタ自動車は、コンパクトカー「ヴィッツ」の1リッターモデルに、停車時のアイドリングストップ機能を持つ「TOYOTA STOP AND GO SYSTEM」を採用した「Bエコパッケージ」と「Bビジネスエコパッケージ」を新設定、2001年5月10日に発売した。

「TOYOTA STOP AND GO SYSTEM」とは、エンジンのアイドリング(空転)を自動的にストップさせる装置のこと。これと5段マニュアルトランスミッションを組み合わせることで、無駄なガソリン消費を抑え、燃費をベース車比で7%向上。リッターあたり24.0kmとしたのが、「エコ」のゆえんである。

信号などで停車した際、ドライバーがギアをニュートラルに入れてクラッチペダルから足を離すと、エンジンが自動停止。ニュートラルで再びクラッチを踏むとエンジンが再始動する。インストゥルメンタルパネル内に設けられたスイッチで、システムをオフにすることも可能という。

装備面では、バックドアに取り付けられた「eco」エンブレム、システムの稼動状態を示すメーター内の「eco」インジケーターなどが専用で備わる。

価格は、パワーステアリングがオプション扱いとなる「Bエコパッケージ」の3ドア車が89.5万円、5ドア車が93.5万円。後席が分割可倒式の「Bビジネスエコパッケージ」は、3ドア車が90.0万円、同5ドア車は94.0万円。

(webCG 平山)

 
 

関連キーワード:
ヴィッツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】 2017.9.19 試乗記 トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記
  • 「トヨタGRシリーズ発表会」の会場から 2017.9.19 画像・写真