トヨタ「ヴィッツ」にアイドリングストップ車

2001.05.18 自動車ニュース
 
 
010518_043.gif

トヨタ「ヴィッツ」にアイドリングストップ車(5/18)

トヨタ自動車は、コンパクトカー「ヴィッツ」の1リッターモデルに、停車時のアイドリングストップ機能を持つ「TOYOTA STOP AND GO SYSTEM」を採用した「Bエコパッケージ」と「Bビジネスエコパッケージ」を新設定、2001年5月10日に発売した。

「TOYOTA STOP AND GO SYSTEM」とは、エンジンのアイドリング(空転)を自動的にストップさせる装置のこと。これと5段マニュアルトランスミッションを組み合わせることで、無駄なガソリン消費を抑え、燃費をベース車比で7%向上。リッターあたり24.0kmとしたのが、「エコ」のゆえんである。

信号などで停車した際、ドライバーがギアをニュートラルに入れてクラッチペダルから足を離すと、エンジンが自動停止。ニュートラルで再びクラッチを踏むとエンジンが再始動する。インストゥルメンタルパネル内に設けられたスイッチで、システムをオフにすることも可能という。

装備面では、バックドアに取り付けられた「eco」エンブレム、システムの稼動状態を示すメーター内の「eco」インジケーターなどが専用で備わる。

価格は、パワーステアリングがオプション扱いとなる「Bエコパッケージ」の3ドア車が89.5万円、5ドア車が93.5万円。後席が分割可倒式の「Bビジネスエコパッケージ」は、3ドア車が90.0万円、同5ドア車は94.0万円。

(webCG 平山)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る