スズキ「ジムニー」にカラフルな特別仕様車

2001.05.18 自動車ニュース
 
 
010518_042.gif

スズキ「ジムニー」にカラフルな特別仕様車(5/18)

スズキは、軽ヨンク「ジムニー」に特別仕様車「ランドベンチャー」を設定、2001年5月15日に発売した。

「ランドベンチャー」は、「スタイリッシュな外観」(スズキ)と「上級仕様の外装」(同)がウリの特別仕様車だ。

ボディーカラーに、標準モデルにはない「グローブグリーンパール」、「カシスレッドパール」「パールホワイト」の3色を設定。いずれも「クールベージュメタリック」に塗られた前後バンパーと組み合わせ、おしゃれな2トーンカラーとした。加えて、ドアミラー、サイドアンダーミラー、ドアハンドルをボディ同色化。専用塗装された5スポークタイプの16インチアルミホイールとともにスポーティーさを演出する。左右ドアに貼られた「Land Venture」ロゴは、特別仕様車の証。

価格は、5MT車が142.5万円、4AT車が152.3万円。ただし、パールホワイト/ベージュのボディーカラーを選択した場合は、2.0万円高となる。

「ジムニー」は、ラダーフレームと、2WDと4WDの切り替えができる駆動方式「トランスファーシステム」を採用した本格的な4WD軽自動車として、1970年4月にデビュー。以来、車体の小ささ、小回りの良さ、悪路の走破性などが評価され、2001年2月には、世界累計販売台数が200万台を突破するほどのロングセラーとなった。

(webCG 平山)

 
 

関連キーワード:
ジムニースズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニー ランドベンチャー(4WD/4AT)【試乗記】 2015.1.15 試乗記 今年でデビュー17年目を迎える現行型「スズキ・ジムニー」。自家用車としては異例ともいえるロングセラーモデルの「ご長寿の秘訣(ひけつ)」を探った。
  • 第452回:今だからこそ語りたい! 現行型「ジムニー」に宿る普遍の魅力 2017.10.21 エディターから一言 前回のモデルチェンジから20年を迎え、いよいよ新型の登場が現実味を帯びてきた「スズキ・ジムニー」。とはいえ、依然として今のモデルの魅力が色あせていないのも事実である。長年にわたり活躍してきた現行ジムニーに宿る、普遍の魅力について考えてみた。
  • BMW X3 xDrive20d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.27 試乗記 BMW「Xシリーズ」の中核をなす「X3」がフルモデルチェンジ。先進の安全技術を備え、全方位的な進化を遂げた新型の出来栄えとは? 走りの粋を極めたディーゼルエンジン車「xDrive20d Mスポーツ」に試乗した。
  • 新型ジムニーはやっぱり硬派路線 1998.10.8 自動車ニュース
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記