スズキ「ジムニー」にカラフルな特別仕様車

2001.05.18 自動車ニュース
 
 
010518_042.gif

スズキ「ジムニー」にカラフルな特別仕様車(5/18)

スズキは、軽ヨンク「ジムニー」に特別仕様車「ランドベンチャー」を設定、2001年5月15日に発売した。

「ランドベンチャー」は、「スタイリッシュな外観」(スズキ)と「上級仕様の外装」(同)がウリの特別仕様車だ。

ボディーカラーに、標準モデルにはない「グローブグリーンパール」、「カシスレッドパール」「パールホワイト」の3色を設定。いずれも「クールベージュメタリック」に塗られた前後バンパーと組み合わせ、おしゃれな2トーンカラーとした。加えて、ドアミラー、サイドアンダーミラー、ドアハンドルをボディ同色化。専用塗装された5スポークタイプの16インチアルミホイールとともにスポーティーさを演出する。左右ドアに貼られた「Land Venture」ロゴは、特別仕様車の証。

価格は、5MT車が142.5万円、4AT車が152.3万円。ただし、パールホワイト/ベージュのボディーカラーを選択した場合は、2.0万円高となる。

「ジムニー」は、ラダーフレームと、2WDと4WDの切り替えができる駆動方式「トランスファーシステム」を採用した本格的な4WD軽自動車として、1970年4月にデビュー。以来、車体の小ささ、小回りの良さ、悪路の走破性などが評価され、2001年2月には、世界累計販売台数が200万台を突破するほどのロングセラーとなった。

(webCG 平山)

 
 

関連キーワード:
ジムニースズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック(4WD/9AT)【試乗記】 2018.5.2 試乗記 ランドローバーのスタイリッシュなSUV「レンジローバー イヴォーク」の2018年モデルに試乗。細部のブラッシュアップもさることながら、最新型のハイライトは、なんといってもパワーユニットが刷新されたこと。大きな期待を胸に乗り込んでみると……
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
ホームへ戻る