ホンダ・S2000用チューンドタイヤ販売

2001.05.18 自動車ニュース
 
 
010518_040.gif

ホンダ・S2000用チューンドタイヤ販売(5/18)

横浜ゴムは、ストリートチューンドカー用タイヤ「ADVAN TNR 045」が、本田技研工業のスポーツカー「S2000」のディーラーオプションに採用されたと、2001年5月16日発表した。

タイヤサイズは、フロントが215/45ZR17、リヤが245/40ZR17。ホンダの純正アクセサリーメーカー、(株)ホンダアクセスの「Modulo(モデューロ)」ブランドのアルミホイールとセットで、4月から販売されている。

モデューロの「S2000」用アルミホイールは、フロントが3.75万円、リヤが3.85万円。「ADVAN TNR 045」は、オープン価格である。

「ADVAN TNR 045」は、高いドライグリップがウリ。ドライ路面のエビス西サーキットで1998年5月12日に行われた同社のテストで、「ADVAN TNR 045」は、同社の「ADVAN NEOVA」を装着した場合より2秒94早いラップタイムを記録した(使用車両はスカイラインGT-R/R33型)。また、「日常走行で要求されるウェットグリップと耐摩耗性を十分に確保」(プレスリリース)。ハーフウェット路面の筑波サーキットで1998年8月に行われたテストでも、0秒94早いタイムで走行した(使用車両は同じ)。

(webCG 平山)

横浜ゴム:
http://www.yrc.co.jp/home.html"

 
 

関連キーワード:
S2000ホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ S2000 vs NSX【試乗記】 2008.10.3 試乗記 ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)/NSX-R(MR/6MT)
    ……432万6000円/1255万4850円

    スポーツの秋、ドライブの秋。なのにお寒いニッポンのスポーツカー市場。“走りのクルマ”に未来はないのか!? ホンダの2台を駆って、その魅力を探った。 
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • ホンダS2000(FR/6MT)【試乗記】 2005.8.8 試乗記 ホンダS2000(FR/6MT)
    ……401万1000円

    「S2000」は、リッター125psの高性能エンジンを積むスポーツカーである。メインストリームとはとても言えないが、「ホンダ」にとっては原点とも言えるモデルの魅力を探った。


  • ホンダS2000 タイプV(FR/6MT)【試乗記】 2006.1.7 試乗記 ホンダS2000 タイプV(FR/6MT)
    ……409万5000円

    ホンダのツーシーターオープンスポーツ「S2000」に、大がかりなマイナーチェンジが施された。エンジンの排気量拡大で、速さも乗りやすさもアップしたのは確かである。では、クルマとしての魅力はどうなのか。


  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
ホームへ戻る