スズキ、「ワゴンR」に新グレードを追加

2001.05.21 自動車ニュース
 
 
010521_049.gif

スズキ、「ワゴンR」に新グレードを追加(5/21)

スズキは、同社の売れすじ軽自動車「ワゴンR」に、レトロ調の外観を与えた新グレード「C2」と、サイドエアバッグをメーカーオプション装備した「RRリミテッド サイドエアバッグ装着車」を設定、2001年5月16日に発売した。

「ワゴンR C2」は、丸型のヘッドランプやテールランプ、ウィンカーレンズを備えた、レトロ調のモデル。フロントマスクに、1960年代の書体を復刻した「SUZUKI」のロゴを配し、雰囲気を演出する。また内装に、ベージュ色のドアトリムとシート地を採用し、シックさを強調した。
価格は、111.8万円から123.0万円。

いっぽう「ワゴンR RRリミテッド サイドエアバッグ装着車」は、前席エアバッグの他に、フロントドア内蔵のサイドエアバッグをオプション設定し、安全性を向上させたグレードだ。
価格は、137.6万円から157.8万円。

スズキ「ワゴンR C2」:http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/wagonrc2/frame.htm

 
 

関連キーワード:
ワゴンRスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
  • スズキ・スペーシア ハイブリッドX/スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ【試乗記】 2018.1.29 試乗記 目指したのは「家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン」。2代目となる「スズキ・スペーシア」に試乗した。同じカテゴリーに“日本で一番売れているクルマ”という明確なライバルがいる状況で、スズキが投入した新型の出来栄えは?
ホームへ戻る