スバル・レガシィシリーズをビッグマイナー

2001.05.24 自動車ニュース
 
 
010524_058.gif

スバル・レガシィシリーズをビッグマイナー(5/24)

2001年5月22日、富士重工業はスバル・レガシィシリーズに改良を施し、同日、販売を開始した。

最大のニュースは、スポーツセダンB4に、2.5リッターモデル「RS25」が加わったこと。ビルシュタインダンパー、17インチホイールなど、ターボモデル「RSK」とほぼ同じ足まわりをもつシャシーに、155psの2.5リッター水平対向4気筒ユニットを搭載、「NAエンジンならではの軽快で上質な走りを実現した」(プレスリリース)という。トランスミッションは4AT(スポーツシフト付き)のみ。新価格のターボより14.0万円安い259.8万円となる。

シリーズ全体としては、ツーリングワゴン、ランカスター、B4、いずれもフェイスリフトを受けた。また、フロントグリルのオーナメントが、車種マークから「スバルエンブレム」たる“六連星(むつらぼし)”に変更されたほか、新しいボディカラー、新デザインの17/16インチアルミホイールが採用された。

機関面では、エンジンが「ターボ」「NA」ともリファインされ、出力特性はもとより、排ガス浄化、燃費性能も向上をみた。シャシー関係では、全車リアサスペンションのサブフレームに「サイドパフォーマンスアーム」、2リッターDOHCターボ車のフロントに「クロスパフォーマンスロッド」を装着、サスペンション取り付け部の剛性を高め、操縦安定性の向上を図った。

価格は以下の通り(/で仕切られたものは、5MT/4AT)。
B4(2リッター):217.5/233.5万円
B4(2リッターターボ):264.3/273.8万円
B4(2.5リッター):259.8万円
ツーリングワゴン(2リッター):190.5から239.8万円
ツーリングワゴン(2リッターターボ):269.8から300.8万円
ツーリングワゴン(2.5リッター):254.8万円
ランカスター(2.5リッター):260.0から268.0万円
ランカスター(3リッター):298.5から348.0万円

(webCGアオキ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィツーリングワゴン の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る