スバル・レガシィシリーズをビッグマイナー

2001.05.24 自動車ニュース
 
 
010524_058.gif

スバル・レガシィシリーズをビッグマイナー(5/24)

2001年5月22日、富士重工業はスバル・レガシィシリーズに改良を施し、同日、販売を開始した。

最大のニュースは、スポーツセダンB4に、2.5リッターモデル「RS25」が加わったこと。ビルシュタインダンパー、17インチホイールなど、ターボモデル「RSK」とほぼ同じ足まわりをもつシャシーに、155psの2.5リッター水平対向4気筒ユニットを搭載、「NAエンジンならではの軽快で上質な走りを実現した」(プレスリリース)という。トランスミッションは4AT(スポーツシフト付き)のみ。新価格のターボより14.0万円安い259.8万円となる。

シリーズ全体としては、ツーリングワゴン、ランカスター、B4、いずれもフェイスリフトを受けた。また、フロントグリルのオーナメントが、車種マークから「スバルエンブレム」たる“六連星(むつらぼし)”に変更されたほか、新しいボディカラー、新デザインの17/16インチアルミホイールが採用された。

機関面では、エンジンが「ターボ」「NA」ともリファインされ、出力特性はもとより、排ガス浄化、燃費性能も向上をみた。シャシー関係では、全車リアサスペンションのサブフレームに「サイドパフォーマンスアーム」、2リッターDOHCターボ車のフロントに「クロスパフォーマンスロッド」を装着、サスペンション取り付け部の剛性を高め、操縦安定性の向上を図った。

価格は以下の通り(/で仕切られたものは、5MT/4AT)。
B4(2リッター):217.5/233.5万円
B4(2リッターターボ):264.3/273.8万円
B4(2.5リッター):259.8万円
ツーリングワゴン(2リッター):190.5から239.8万円
ツーリングワゴン(2リッターターボ):269.8から300.8万円
ツーリングワゴン(2.5リッター):254.8万円
ランカスター(2.5リッター):260.0から268.0万円
ランカスター(3リッター):298.5から348.0万円

(webCGアオキ)

 
 

関連キーワード:
レガシィツーリングワゴン レガシィB4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記 スバル独自の4WD機構がかなえる、高い運動性能が自慢のスポーツワゴン「レヴォーグ」。300psの高出力と400Nmの大トルクを発生する高性能グレード「2.0GT-S EyeSight」に試乗し、マイナーチェンジを経た“最新版”の、進化のほどを確かめた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.4 試乗記 従来より幅広い車速域での運転支援を実現したアイサイト・ツーリングアシスト。この最新機能は走りを磨いた「STI Sport」にどんな“愉しさ”を与えたのか。「レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る