「ポロ」が累計生産台数700万台達成

2001.05.25 自動車ニュース
 
 
010525_059.gif

「ポロ」が累計生産台数700万台達成(5/25)

独フォルクスワーゲンAGは、同社の小型乗用車「ポロ」が累計生産台数700万台を突破したと、2001年5月18日発表した。

「ポロ」の2000年度の全世界での売上は、45万8660台(フォルクスワーゲンAG調べ)。主要マーケットは、ヨーロッパ、中南米、日本となる。主力はもちろんハッチバック(全体の約80%)だが、その他日本には輸入されていない、ノッチバックセダンの「ポロ クラシック」、ワゴンの「ポロ エステート」というモデルも存在する。

現行「ポロ」は、日本には1996年から導入された、フォルクスワーゲンジャパンのボトムレインジを担うモデルだ。ちなみに2000年には、「RJC カーオブザイヤーインポート2001」を受賞した。

2000年5月に行われたマイナーチェンジでは、新設計のエンジンを採用したほか、内外装など60パーセントの部品が刷新され、商品として熟成が進められた。マイナーチェンジ後のモデルの売上は1万2000台以上となっている(2000年5月〜2001年4月:JAIA調べ)。

現在日本国内では、ハッチバックモデルの「2ドア」と「4ドア」「4ドア」のキャンバストップ仕様、「4ドア」のスポーツモデル「GTI」の4グレードが販売中である。

(webCG 平山)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション(FF/7AT)【試乗記】 2015.11.10 試乗記 JC08モード計測値は23.4km/リッター。「フォルクスワーゲン・ポロ」に、燃費を突き詰めた「ブルーモーション」が登場した。1リッター直3ターボを搭載した、300台限定の“燃費スペシャル”の実力はいかに? ワインディングロードや高速道路での走りも併せて報告する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る