「ポロ」が累計生産台数700万台達成

2001.05.25 自動車ニュース
 
 
010525_059.gif

「ポロ」が累計生産台数700万台達成(5/25)

独フォルクスワーゲンAGは、同社の小型乗用車「ポロ」が累計生産台数700万台を突破したと、2001年5月18日発表した。

「ポロ」の2000年度の全世界での売上は、45万8660台(フォルクスワーゲンAG調べ)。主要マーケットは、ヨーロッパ、中南米、日本となる。主力はもちろんハッチバック(全体の約80%)だが、その他日本には輸入されていない、ノッチバックセダンの「ポロ クラシック」、ワゴンの「ポロ エステート」というモデルも存在する。

現行「ポロ」は、日本には1996年から導入された、フォルクスワーゲンジャパンのボトムレインジを担うモデルだ。ちなみに2000年には、「RJC カーオブザイヤーインポート2001」を受賞した。

2000年5月に行われたマイナーチェンジでは、新設計のエンジンを採用したほか、内外装など60パーセントの部品が刷新され、商品として熟成が進められた。マイナーチェンジ後のモデルの売上は1万2000台以上となっている(2000年5月〜2001年4月:JAIA調べ)。

現在日本国内では、ハッチバックモデルの「2ドア」と「4ドア」「4ドア」のキャンバストップ仕様、「4ドア」のスポーツモデル「GTI」の4グレードが販売中である。

(webCG 平山)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る