マツダ「ロードスター」と「ファミリア」の限定車を発売

2001.05.25 自動車ニュース
 
 
010525_061.gif

マツダ「ロードスター」と「ファミリア」の限定車を発売(5/25)

マツダは、オープンFRスポーツカー「ロードスター」と小型4ドアセダン「ファミリア」に「マツダスピード」ブランドのパーツを組み込んだ限定車、「マツダスピードロードスター」「マツダスピードファミリア」の2車種を新設定し、2001年5月25日に発売した。限定台数は、それぞれ200台と100台である。

「マツダスピードロードスター」(写真上)「マツダスピードファミリア」(写真下)は、いずれも、エアロパーツを身に纏い、外板には青、ホイールには金の共通のカラーリングを施したモデル。内装には、カーボン調のセンターパネルなど「スポーティ」さを強調するパーツが配される。ケンウッド製のオーディオ+4スピーカー(ロードスター)、10スピーカー(ファミリア)が標準装備されるのもウレシイ。

「マツダスピードロードスター」のベース車は、1.8リッターの「RS」。最大の変更点は足まわりだ。減衰力を4段階に変えられる車高調節式ダンパーを装着。これなら走行会にもデートにも使える!(かも知れない)。排気効率をよくする、専用のエキゾーストマニホールドと「心地よい排気音」(マツダ)を発するスポーツマフラーも標準装備される。
価格は、ベース車の22.0万円高、254.8万円(6MT)。

いっぽう、「マツダスピードファミリア」は、1.5リッターDOHCエンジンを積んだ「RS」がベース。メカニズム面に、大幅に手を加えられた(「本当にこれは、ファミリアなの?マツダさん。」と疑いたくなるホド)。
ボンネットには、ベース車から45ps増しの175psを搾り出す「FS-ZE型」2リッター直4DOHCエンジンが納まる。トランスミッションは、「RS」には設定されていない5段MT。足まわりは、専用のチューンが施されたサスペンションとスタビライザーが奢られる。高められたエンジン性能とサスペンション性能に応えるため、タイヤサイズは、185/65R14から205/45R17へ変更された。これに伴い、ブレーキ容量が15インチにアップされた。
価格は199.8万円。

商品に関する問い合わせは、「マツダお客様相談センター」0120-386-919まで。

(webCG 平山)

マツダスピードロードスター、マツダスピードファミリア:http://c2b.mazda.co.jp/limited/zoomzoom/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
ホームへ戻る