マツダ「ロードスター」と「ファミリア」の限定車を発売

2001.05.25 自動車ニュース
 
 
010525_061.gif

マツダ「ロードスター」と「ファミリア」の限定車を発売(5/25)

マツダは、オープンFRスポーツカー「ロードスター」と小型4ドアセダン「ファミリア」に「マツダスピード」ブランドのパーツを組み込んだ限定車、「マツダスピードロードスター」「マツダスピードファミリア」の2車種を新設定し、2001年5月25日に発売した。限定台数は、それぞれ200台と100台である。

「マツダスピードロードスター」(写真上)「マツダスピードファミリア」(写真下)は、いずれも、エアロパーツを身に纏い、外板には青、ホイールには金の共通のカラーリングを施したモデル。内装には、カーボン調のセンターパネルなど「スポーティ」さを強調するパーツが配される。ケンウッド製のオーディオ+4スピーカー(ロードスター)、10スピーカー(ファミリア)が標準装備されるのもウレシイ。

「マツダスピードロードスター」のベース車は、1.8リッターの「RS」。最大の変更点は足まわりだ。減衰力を4段階に変えられる車高調節式ダンパーを装着。これなら走行会にもデートにも使える!(かも知れない)。排気効率をよくする、専用のエキゾーストマニホールドと「心地よい排気音」(マツダ)を発するスポーツマフラーも標準装備される。
価格は、ベース車の22.0万円高、254.8万円(6MT)。

いっぽう、「マツダスピードファミリア」は、1.5リッターDOHCエンジンを積んだ「RS」がベース。メカニズム面に、大幅に手を加えられた(「本当にこれは、ファミリアなの?マツダさん。」と疑いたくなるホド)。
ボンネットには、ベース車から45ps増しの175psを搾り出す「FS-ZE型」2リッター直4DOHCエンジンが納まる。トランスミッションは、「RS」には設定されていない5段MT。足まわりは、専用のチューンが施されたサスペンションとスタビライザーが奢られる。高められたエンジン性能とサスペンション性能に応えるため、タイヤサイズは、185/65R14から205/45R17へ変更された。これに伴い、ブレーキ容量が15インチにアップされた。
価格は199.8万円。

商品に関する問い合わせは、「マツダお客様相談センター」0120-386-919まで。

(webCG 平山)

マツダスピードロードスター、マツダスピードファミリア:http://c2b.mazda.co.jp/limited/zoomzoom/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
ホームへ戻る