マツダ「ロードスター」と「ファミリア」の限定車を発売

2001.05.25 自動車ニュース
 
 
010525_061.gif

マツダ「ロードスター」と「ファミリア」の限定車を発売(5/25)

マツダは、オープンFRスポーツカー「ロードスター」と小型4ドアセダン「ファミリア」に「マツダスピード」ブランドのパーツを組み込んだ限定車、「マツダスピードロードスター」「マツダスピードファミリア」の2車種を新設定し、2001年5月25日に発売した。限定台数は、それぞれ200台と100台である。

「マツダスピードロードスター」(写真上)「マツダスピードファミリア」(写真下)は、いずれも、エアロパーツを身に纏い、外板には青、ホイールには金の共通のカラーリングを施したモデル。内装には、カーボン調のセンターパネルなど「スポーティ」さを強調するパーツが配される。ケンウッド製のオーディオ+4スピーカー(ロードスター)、10スピーカー(ファミリア)が標準装備されるのもウレシイ。

「マツダスピードロードスター」のベース車は、1.8リッターの「RS」。最大の変更点は足まわりだ。減衰力を4段階に変えられる車高調節式ダンパーを装着。これなら走行会にもデートにも使える!(かも知れない)。排気効率をよくする、専用のエキゾーストマニホールドと「心地よい排気音」(マツダ)を発するスポーツマフラーも標準装備される。
価格は、ベース車の22.0万円高、254.8万円(6MT)。

いっぽう、「マツダスピードファミリア」は、1.5リッターDOHCエンジンを積んだ「RS」がベース。メカニズム面に、大幅に手を加えられた(「本当にこれは、ファミリアなの?マツダさん。」と疑いたくなるホド)。
ボンネットには、ベース車から45ps増しの175psを搾り出す「FS-ZE型」2リッター直4DOHCエンジンが納まる。トランスミッションは、「RS」には設定されていない5段MT。足まわりは、専用のチューンが施されたサスペンションとスタビライザーが奢られる。高められたエンジン性能とサスペンション性能に応えるため、タイヤサイズは、185/65R14から205/45R17へ変更された。これに伴い、ブレーキ容量が15インチにアップされた。
価格は199.8万円。

商品に関する問い合わせは、「マツダお客様相談センター」0120-386-919まで。

(webCG 平山)

マツダスピードロードスター、マツダスピードファミリア:http://c2b.mazda.co.jp/limited/zoomzoom/

 
 

関連キーワード:
ロードスターマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」を一部改良 2018.6.7 自動車ニュース マツダは2018年6月7日、「ロードスター」および「ロードスターRF」を一部改良するとともに、ロードスターに特別仕様車「キャラメルトップ」を設定し、同年7月26日に発売すると発表した。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
ホームへ戻る