【スペック】ポルテ1.5G:全長×全幅×全高=3995×1695×1690mm/ホイールベース=2600mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、13.9kgm/4800rpm)/価格=174万円(テスト車=225万7350円)

トヨタ・ポルテ1.5G(FF/CVT)/スペイド13X(FF/CVT)【試乗記】

もうフツーのには戻れない!? 2012.08.16 試乗記 トヨタ・ポルテ1.5G(FF/CVT)/スペイド13X(FF/CVT)
……225万7350円/182万9750円

助手席側に大きなスライドドアを持つ個性派コンパクト「トヨタ・ポルテ」が、8年目にして初のフルモデルチェンジ。使いやすさを向上したという新型を兄弟車「スペイド」とともに早速試した。

クルマのデザインじゃない!?

「あぁ〜。やっぱムリだわ……。」

ポカンと口をあけたような「ポルテ」の顔を見た瞬間、シュルシュル〜ッと全身の力が抜けてきちゃいました。インパネにいたっては、ドアを開けた途端、「見なかったことにしよう」と、ドアを閉めてしまったほど。丸や四角の造形がボコボコ飛び出し、スタイリッシュさとは無縁。特にフロマージュのインテリアは、ベージュにブラウン、どぎついオレンジ色と、狭い空間に3色もの配色が施されている。なんで、こんな風になっちゃったんだろ!?

ところがその後、開発陣の一言で、胸のつかえがスーッと消えていくのを感じたんです。
「インテリアは“クルマ”という概念からなるべく離れるようにデザインしています」
そうだったのか!

ティッシュボックスが入るグローブボックスに、500ミリリットルの紙パックや化粧ポーチなどが入る深めの収納など、形も大きさもさまざまな日常のこまごまとしたものを収めるこのスペース、家の中でたとえるなら、そう、台所よ! インパネをシステムキッチンと考えれば、とってもよく整理されている。大小ある鍋やフライパン、フタやザル、そんなものが所せましと乱雑にひしめいているウチのキッチンとは大違い。
ここまで整理できたら、たいしたもんです! 主婦のかがみです!!

「ポルテ」の内装は、インストゥルメントパネルがベージュの「フロマージュ」とブラックの「プラム」の2種類のテイストが用意され、グレードによりシートタイプやカラーが異なる。写真は上級グレード「G」のフロマージュ内装。本革巻きステアリングホイール&シフトレバーや「ナノイー」、オートエアコンなどが標準装備される。
「ポルテ」の内装は、インストゥルメントパネルがベージュの「フロマージュ」とブラックの「プラム」の2種類のテイストが用意され、グレードによりシートタイプやカラーが異なる。写真は上級グレード「G」のフロマージュ内装。本革巻きステアリングホイール&シフトレバーや「ナノイー」、オートエアコンなどが標準装備される。
こちらは、「スペイド」の廉価グレード「X」のプラム内装。ダッシュボード上部中央にあるアナログ式センターメーターは、フロマージュ内装とプラム内装とでデザインが異なる。
こちらは、「スペイド」の廉価グレード「X」のプラム内装。ダッシュボード上部中央にあるアナログ式センターメーターは、フロマージュ内装とプラム内装とでデザインが異なる。
 
トヨタ・ポルテ1.5G(FF/CVT)/スペイド13X(FF/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る