CARTドライバーが席巻、第85回インディ500

2001.05.28 自動車ニュース
010528_065.gif

CARTドライバーが席巻、第85回インディ500(5/28)

インディレーシングリーグ(IRL)第4戦、第85回インディアナポリス500マイルレース決勝が、2001年5月27日、インディアナポリスモータースピードウェイ(2.5マイル=4km)を200周して行われた。優勝は、ライバルCARTシリーズからやってきた、エリオ・カストロネベス(チームペンスキー)。インディ500初参戦で栄冠を勝ちとった。2位にはチームメイトのジル・ド・フェランが入賞。チームペンスキーは1−2フィニッシュで、同レース通算11勝の記録を打ち立てた。

ルーキーの優勝は、昨年、現在ウィリアムズチームからF1に参戦しているファン・パブロ・モントーヤ以来2回連続、通算で8人目の快挙だ。

以下、3位マイケル・アンドレッティ、4位ジミー・バッサーなど、CARTドライバーが6位までを独占。IRLドライバー最高位は、ロビー・バールの7位だった。

インディ500は、1996年にCARTとインディアナポリスモータースピードウェイ(IMS)が政治的な争いで分裂して以来、IMSが新たに興したIRLシリーズの1戦として行われてきた。アメリカンレースの伝統に拘るIRLは、全戦国内のオーヴァルトラックで開催。いっぽう日本、オーストラリアやヨーロッパにも手を広げるCARTは、開催地、ドライバー、マニュファクチャラーとも国際色豊か。F1に引けを取らないシングルシーターレースにまで成長した。

メジャードライバーがいないIRLと、ビッグレースを失ったCART。分裂後の両シリーズはそれぞれ痛手を負う羽目になり、近年はCARTドライバーのインディ500参戦が目立ってきてる。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。