シトロエン、「クサラ」をマイナーチェンジ

2001.05.28 自動車ニュース
 
 
010528_063.gif

シトロエン、「クサラ」をマイナーチェンジ(5/28)

シトロエンの総輸入元である新西武自動車販売は、「シトロエン・クサラ」にマイナーチェンジを施し、2001年6月1日から発売すると、5月24日に発表した。

6月1日から発売されるのは、フェイスリフトを受け、2リッターエンジンを搭載する5ドアハッチ「クサラ2.0」。右ハンドルのみの仕様となる。ワゴンモデルの「ブレーク」は、7月にリリースされる予定。

今回のマイナーチェンジの最大の変更点は、エンジン。新開発された2リッター直4DOHCエンジンは、従来よりも20kg軽く、出力も7psと0.9kgアップの、137psと19.8kgを発生する。組み合わされるトランスミッションは、学習機能付きの3モード電子制御4段ATである。

フロントマスクは、フォグランプを内蔵した大型のクリアレンズヘッドライト、大きくなったトレードマークの「ダブルシェブロン」エンブレムにより、キリッとした顔立ちに仕上がった。新デザインの15インチアルミホイールを採用、足元に「力強い印象を与えています」(プレスリリース)。

インテリア面では、トリム類を変更、スイッチ類の位置を再検討、収納スペースの追加などで、使いやすさを向上したという。

価格は、従来の2リッターモデル「エクスクルーシブ」より15万円安い、249.0万円。

商品に関する問い合わせは、新西武自動車販売0120-55-4106(フリーダイヤル)まで。

(webCG 平山)

シトロエン・クサラ:
http://www.newseibu.co.jp/citroen/index2.html

 
 

関連キーワード:
クサラシトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クサラVTSはかなり速い 1998.11.13 自動車ニュース 新西武自動車販売が11月9日に発売した「シトロエンクサラ」の高性能モデル「VTS」に試乗した。やっぱりマニュアルはイイ。「シトロエンクサラVTS」はクサラシリーズにおけるホッテストバージョンで、全長x全幅x全高=4165x1710x1365の2ドアボディに、165psの2リッター4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載している。トランスミッションはラインナップ中ゆいいつの5段マニュアルで、本革シートもおごられて価格は299.0万円となっている。「クサラVTS」はわかりやすいクルマだ。このクラスの欧州車によくあるように、「このクルマは速いんだ!」ということを大きなエンジン音と堅い乗り心地で直截的に表現している。革のシートは一見豪華快適風だが、じつはクッションが固く(最初からバケットシートにしてくれたほうがどんなに嬉しいか)、「VTS」が全身でスポーティさを強調していることがわかる。くどいくらいに。 乗ってみると、勇ましい吸気音はともかく、回転がスムーズにレッドゾーンまで上がっていくのに胸が躍る。走行距離が1000km台のせいかやや固めのギアを入れてクラッチをつなぎ、ガスペダルを踏んだときの加速感は爽快だ。19.7kgmの最大トルクを5500rpmで発生するエンジンは、実際は低中回転域から十分なトルクを出すので、ふつうに走るのもラクだ。クルマ好きだったら、楽しい!と思うのは確実だ。街中では路面からの突き上げを少なからず感じるが、高速に入ると乗り心地はフラットになる。このへんの味つけは上手だし、高速域でも風切り音が少なく、「VTS」の完成度の高さをうかがわせる。ハンドリングもニュートラルで、僕はエグザンティアのインフォメーションのないステアリングフィールより、「クサラ」のほうが好ましい。考えてみると、このクラスのドイツ車で、同じような感覚を味わわせてくれるMT車は、もはやわが国には輸入されていない。3ドアボディはリアに軽くノッチがついているので一見してクーペのようだが、じつはハッチバック。ラゲッジルームは驚くほど広くないが、そのぶん後部座席におとな2人がちゃんと座っていられる。問題はペダルレイアウトで、クラッチペダルが中央に寄りすぎている点が気になる。もっともしばらく走っていたら慣れたので、自分のクルマにすれば気にならなくなるだろう。ライバルはというと、プジョー306S16やアルファロメオ145がすぐに思い浮かぶ。「走りの2リッター」として比較した場合、全方位的に完成度の高い「クサラVTS」に僕は軍配をあげたい。価格をもうすこし安くしてほしいのと、スペシャルなクルマなんだという演出が室内外に盛り込んでほしい、というのが望みである。(Web CG オガワ)クサラVTSは、かつてのCXターボやBXスポール以来、ひさびさに胸のすくような痛快さを味あわせてくれるスポール・シトロエンでありました。かなりガチガチのサスペンションも、走行距離が伸びて当たりがついてくれば、シトロエンらしいしなやかさが増してくるだろうと思われた。スポーツ指向の武闘派シトロエニストには福音のようなクルマだといえるでしょう。ちなみに燃費は、最悪でリッター8.4km、最高でリッター11km。もっとも、かなり飛ばしたので、おとなしく走ればもう少しよくなると思うけれど。(Web CG スヤマ)
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • 走って楽しい「シトロエンサクソVTS」に乗った 1999.4.9 自動車ニュース 120馬力のホットハッチ「シトロエンサクソVTS」が日本に上陸した。いまや貴重なマニュアルで、けっこう楽しいクルマだ。「サクソVTS」はシトロエンのインポーターである新西武自動車販売が4月1日より販売開始した「シトロエンサクソ」のスポーツモデルだ。特徴は、120馬力を発生する1.6リッター4気筒DOHC16バルブエンジンに5段マニュアルトランスミッションのドライブトレインにある。左ハンドルが標準で、ボディは2ドアとなる。価格は229.0万円だ。最近、インポーターの新西武自動車は、クサラのホットバージョン、VTSに加えて、「サクソ(旧シャンソン)」にもホットバージョン「VTS」を設定したわけです。マニュアルトランスミッションにセミバケットシートの、スポーティな雰囲気をもったクルマです。いまや輸入車といえども貴重な存在になったマニュアルトランスミッション搭載車です。シフトフィールはカシカシッってきまるいいかんじです。硬めのブッシュを使っているうえ、ストロークを短くしてスポーティな雰囲気をもたせています。しかしシフトレバーが短くなったぶん、手が短い僕みたいなひとには5速に入れるのがシンドイというデメリットも生まれています。169センチの僕ですらそうなので、それより小さいひとで5速を使うのはあきらめたほうがいいんじゃないかってくらいです。(笑)フロントマスクを含めた全体のカタチはノホホン系ですが、走りはけっこうビシッとしています。エンジンは4000回転以上でパワーが出るので、速く走るためにはギアチェンジを多用する必要がありますが。サスペンションは、ホイールベースが2385ミリと比較的短いせいもあって、高速巡航ではややピョコタンしています。しかし山道ではほぼニュートラルな旋回特性で、ドライビングが楽しめる設定となっています。かなりのペースでとばした場合は、リアサスペンションが急激に変化してオーバーステアの傾向を示しますが、ただし腕に多少自信があるひとなら、小さなカウンターステアをあてるなどして楽しめます。たてなおしが容易なのはシャシーの剛性が高いということですから、シトロエンはクルマづくりに手を抜いていないなと思わせられます。今回は「クサラVTS」にも乗ってみましたが、比較してしまうと、「サクソ」はややスポーティ感にかける印象はありますね。1.6リッターに期待するパワフルな感じが足りません。しかし、そのぶん乗り心地はソフトで、オールマイティな性格ともいえます。市街地を中心に運転する機会が多いひとでも、ちょっとスポーティなクルマが欲しければ、いちど乗ってみる価値はあると思います。「クサラVTS」は楽しいけれど、サスペンションセッティングは硬すぎますから。よくまわるエンジンと感触のいいギア、という黄金の組み合わせは「サクソVTS」の魅力です。ただしインテリア、とくにシート生地の模様はもうすこしなんとかならなかったのか、と思います。完全にヨーロッパのテイストで、「サクソVTS」に興味をもつ日本人の趣味には合いません。(オレンジ=松本英雄/ブルー=小川フミオ)
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエンC5ツアラー ファイナルエディション(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.2 試乗記 ハイドラクティブサスペンションを搭載する最後のモデル「C5ツアラー ファイナルエディション」に試乗。シトロエン独自の油圧サスペンションシステムがもたらす、乗り心地の妙味を報告する。
ホームへ戻る