4代目クライスラー・ボイジャーの販売は、6月1日から

2001.05.29 自動車ニュース
 
 
010529_069.gif

4代目クライスラー・ボイジャーの販売は、6月1日から(5/29)

ダイムラー・クライスラー日本は、2001年5月25日、元祖ミニバンたるクライスラー・ボイジャーの4代目を、6月1日から販売すると発表した。

フルモデルチェンジを受けた2001年モデルの特徴は、フロントフェイスが、十字グリルの“ダッヂ顔”から、格子模様の“クライスラー顔”に変更されたこと。ネオン、PTクルーザー、そして300Mと共通した顔つきとすることで、クライスラー車としてのアイデンティティを強調、日本における同社のイメージ確立を目指す。
4灯ハロゲン式となったヘッドランプ、2.5cm高くなったボンネット、より前方に倒されたDピラーとリフトゲイトウィンドウ、そして後方に向かって上がっていくルーフとベルトラインなど、「より滑らかで彫刻的でダイナミックな外観を実現しました」(プレスリリース)。従来通り、ショートボディとロングボディが用意される。

一新されたフェイスとはうらはらに、前輪駆動、7人乗り、右ハンドル、3.3リッターOHVユニット、4段AT、そしてホイールベース(2880/3030)といったクルマの成り立ちは、大筋のところでほぼキャリーオーバーだ。

グレードは、ベーシックのボイジャー「LX」、レザーシート、パワースライドドア、オーディオ類を奢った「LXプレミアム」、ロングボディのグランドボイジャー「リミテッド」の3種類。ミニバン版ラグジュアリーカーともいえるリミテッドには、3ゾーン温度感応式オートマチックエアコンディショナーや、リアゲイトが電動で開閉するパワーリフトゲイトが採用された。

価格は、以下の通り。
・ボイジャーLX:356.0万円
・ボイジャーLXプレミアム:390.0万円
・グランドボイジャー リミテッド:422.0万円

なお、フルタイム4WD版たる「AWD」は、2002年に販売される予定だ。

(webCGアオキ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・グランドボイジャー リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2008.6.24 試乗記 クライスラー・グランドボイジャー リミテッド(FF/6AT)
    ……546.0万円

    2007年の東京モーターショーで日本初披露された「クライスラー・グランドボイジャー」。7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした、アメリカ生まれの3列シート7人乗りミニバンを試す。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • クライスラー・ボイジャー&グランドボイジャー(4AT)【試乗記】 2001.5.31 試乗記 クライスラー・ボイジャー&グランドボイジャー(4AT)
    ……356.0から422.0万円

    1983年の登場以来、全世界74カ国で873万台余を販売したクライスラーの元祖ミニバン、ボイジャー。2001年モデルから第4世代に移行し、日本でも6月1日から販売が開始される。クライスラー顔になった最新モデルに、webCG記者が試乗した。


  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る