4代目クライスラー・ボイジャーの販売は、6月1日から

2001.05.29 自動車ニュース
 
 
010529_069.gif

4代目クライスラー・ボイジャーの販売は、6月1日から(5/29)

ダイムラー・クライスラー日本は、2001年5月25日、元祖ミニバンたるクライスラー・ボイジャーの4代目を、6月1日から販売すると発表した。

フルモデルチェンジを受けた2001年モデルの特徴は、フロントフェイスが、十字グリルの“ダッヂ顔”から、格子模様の“クライスラー顔”に変更されたこと。ネオン、PTクルーザー、そして300Mと共通した顔つきとすることで、クライスラー車としてのアイデンティティを強調、日本における同社のイメージ確立を目指す。
4灯ハロゲン式となったヘッドランプ、2.5cm高くなったボンネット、より前方に倒されたDピラーとリフトゲイトウィンドウ、そして後方に向かって上がっていくルーフとベルトラインなど、「より滑らかで彫刻的でダイナミックな外観を実現しました」(プレスリリース)。従来通り、ショートボディとロングボディが用意される。

一新されたフェイスとはうらはらに、前輪駆動、7人乗り、右ハンドル、3.3リッターOHVユニット、4段AT、そしてホイールベース(2880/3030)といったクルマの成り立ちは、大筋のところでほぼキャリーオーバーだ。

グレードは、ベーシックのボイジャー「LX」、レザーシート、パワースライドドア、オーディオ類を奢った「LXプレミアム」、ロングボディのグランドボイジャー「リミテッド」の3種類。ミニバン版ラグジュアリーカーともいえるリミテッドには、3ゾーン温度感応式オートマチックエアコンディショナーや、リアゲイトが電動で開閉するパワーリフトゲイトが採用された。

価格は、以下の通り。
・ボイジャーLX:356.0万円
・ボイジャーLXプレミアム:390.0万円
・グランドボイジャー リミテッド:422.0万円

なお、フルタイム4WD版たる「AWD」は、2002年に販売される予定だ。

(webCGアオキ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・グランドボイジャー リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2008.6.24 試乗記 クライスラー・グランドボイジャー リミテッド(FF/6AT)
    ……546.0万円

    2007年の東京モーターショーで日本初披露された「クライスラー・グランドボイジャー」。7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした、アメリカ生まれの3列シート7人乗りミニバンを試す。
  • クライスラー・グランドボイジャー(FF/6AT)【海外試乗記】 2007.12.27 試乗記 クライスラー・グランドボイジャー(FF/6AT)

    新生クライスラーの新型ミニバン「グランドボイジャー」。最新システムや独自のシートアレンジなど多数の新装備を搭載したニューモデルにスペインで試乗した。
  • グランドボイジャー 2010年モデル発売 2010.6.24 自動車ニュース クライスラー日本は、2010年モデルの「グランドボイジャー」を2010年6月26日に発売する。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • 第29回 ディーゼルはまだ死なず! 2017.2.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第29回は「ディーゼルはまだ死なず!」。4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? をテーマにお届けしている当連載。取材を続ける筆者が輸入車試乗会で出会った快音ディーゼル車とは?
ホームへ戻る