「エブリィ+(プラス)」から「エブリィ・ランディ」へ

2001.05.29 自動車ニュース
 
 
010529_068.gif

「エブリィ+(プラス)」から「エブリィ・ランディ」へ(5/29)

スズキは、1.3リッター7人乗り小型ワゴン「エブリィ+(プラス)」の内外装に変更を加え、名前を「エブリィ・ランディ」と改め、2001年5月24日から発売した。改変のメダマは、インパネからニュッ!と生える「インパネシフト」の採用である。

「エブリィ・ランディ」は、軽1ボックスワゴン「エブリィ」をベースにしたモデル。ベース車より全長で315mm、全幅で30mm拡大し、3列シートを載せたのが特徴だ。3列シートの採用により、乗車定員は7人となる。

搭載されるエンジンは、0.6リッター直3ターボ(60馬力)に換え、86馬力と11.7kgを発生する1.3リッター直4のG13B型に。全車4段オートマチックトランスミッションが組み合わされる。

フロントメッキグリルとメッキモール付き大型フロントバンパーで、軽バンベースとは思えぬ押し出し感を演出。同じくメッキモール付きサイドアンダースポイラー、メッキガーニッシュを装着したバックドア、そしてエアロタイプのリアバンパーなどで、「上級感の高い外観」とした(スズキ)。

用意されるグレードは、ベーシックモデル「XA」と「XA」にツインエアコン、アルミホイール、後席左ドアの電動ステップなどを備えた「XC」の2つ。それぞれ2WDモデルと4WDモデルが選べる。価格は、「XA」の2WD/4WDが135.8万円/147.8万円。「XC」の2WD/4WDが147.8万円/159.8万円となる。

(webCG 平山)

「エブリィ ランディ」
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/every_landy/index.html

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エブリイワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・スペーシア(後編) 2015.5.22 画像・写真 お化粧直しでアグレッシブに? 「スズキ・スペーシアカスタム」の姿を紹介。
  • スズキ・スペーシア(前編) 2015.5.22 画像・写真 ハイテク満載! 一部改良を受けた「スズキ・スペーシア」を写真で紹介する。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • スズキ・スペーシアX(FF/CVT)【試乗記】 2013.5.29 試乗記 スズキがハイトワゴンの分野で勝負をかけてきた。大きくて広いのに、軽量で燃費がいいのが売りの新型「スペーシア」。これがあると、クルマ生活はどう変わる?
ホームへ戻る