日産、低価格ナビゲーションシステム「Jナビ」を発売

2001.05.31 自動車ニュース
010531_073.gif

日産、低価格ナビゲーションシステム「Jナビ」を発売(5/31)

日産自動車は、10万円から装着できるメーカーオプションのCD-ROM方式ナビゲーションシステム「Jナビ」を、2001年5月28日、新たに乗用車7車種に設定した。

「必要十分な機能を10万円からという価格でご提供し、ナビゲーションシステムがもたらす豊かなカーライフを多くの方に楽しんでいただきたい」(プレスリリース)というのがこの商品の開発意図。

日産の調べ(1998-99年)によると、新車購入後1年以内に、ナビゲーションシステムを装着する人は約30%。いっぽう、ほぼ同じ位のパーセンテイジの人が、価格が高いことなどを理由に、ナビゲーションシステムの装着をあきらめている。後者の人々に、価格がいくらぐらいなら購入したいかをたずねたところ、60%以上が「10万円程度なら買いたい」という回答があった。

従来のメーカーオプションのナビゲーションシステムの中で最も安いモデルは、11.8万円(クラリオン製)。今回1.8万円安いシステムが用意されたことになる。

設定車種は、セフィーロ、アベニール、ローレル、X-TRAIL、ウイングロード、シルビア、ティーノ。リバティとセレナには、すでに設定されている。

(webCG 平山)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。