630psのサーキット用マクラーレンがお目見え

2012.08.16 自動車ニュース
「マクラーレン12C Can-Am Edition」
630psのサーキット用「マクラーレン12C」がお目見え

630psのサーキット用マクラーレン「12C Can-Am Edition」登場

英マクラーレン・オートモーティブは2012年8月15日、米カリフォルニア州で開催される自動車イベント「コンクール・デレガンス」に、コンセプトモデル「マクラーレン12C Can-Am Edition(カンナム エディション)」を出展すると発表した。

「マクラーレン12C Can-Am Edition(カンナム エディション)」は、サーキットでの使用を前提としたコンセプトモデル。
実際にレースを戦う「12C GT3」をベースとするものの、「12C Can-Am Edition」自体はワンオフのデザインスタディーであり、構造上、FIAのレギュレーション等には適合していない。

外観で目を引くのは、限界までローダウンされた車体に装着された、ド派手なチンスポイラーやリアウイング、リアディフューザーなど。これら空力性能の追求により、走行中に得られるダウンフォースは30%もアップしたという。
エンジンカバーやサイドミラー、リアウイングなどにはカーボン材を採用(リアウイングのステーはアルミ製)。車重は、ノーマルの「マクラーレンMP4-12C」よりも100kg以上軽い1200kgにおさまっている。

ミドに搭載されるエンジンは、市販車に用いられる3.8リッターV8ツインターボがベース。ただし、エンジン本体および冷却システムには“さらなる最適化”が施され、シリーズ最強となる630psを発生する。
増大したパワーを受け止めるブレーキシステムは、日本の曙ブレーキ製。鍛造の軽量アロイホイールには、ピレリのスリックタイヤが組み合わされる。

ロールケージが張り巡らされるインテリアもまた、レーシング仕様そのものだ。ダッシュボードやサイドシルは、お約束のカーボン製。フルバケットシートや6点式シートベルトに加えて、ルイス・ハミルトンが駆るF1マシンをヒントに開発したという、「12C GT3」と同じ非円形のステアリングホイールがドライバーを迎える。いまやレースで必須のアイテムとなりつつある空調設備も備わる。

「12C Can-Am Edition」の実車は、2012年8月19日に米カリフォルニア州ペブルビーチで開催される自動車イベント「コンクール・デレガンス」において公開される。

(webCG 関)


→「マクラーレン12C Can-Am Edition」のその他写真はこちら

関連記事
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【海外試乗記】 2016.6.23 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」に試乗した。このモデルのテーマは、日常的な使いやすさと快適性のさらなる改善。その狙い通り、毎日乗りたくなるスーパースポーツカーに仕上がっていた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
ホームへ戻る