日産、「アベニール」「ローレル」「セドリック/グロリア」に特別仕様車

2001.05.31 自動車ニュース
 
 
010531_074.gif

日産、「アベニール」「ローレル」「セドリック/グロリア」に特別仕様車(5/31)

日産自動車は、上級サルーン「セドリック/グロリア」、ミドルクラスセダン「ローレル」、ステーションワゴン「アベニール」の3車種に特別仕様車を追加し、2001年5月28日に発売した。

「セドリック/グロリア」に追加されるのは、「NAVIエディション」。2.5リッターエンジン搭載の250L/250T をベースとし、DVD方式のTV/ナビゲーションシステムとトップシェード付きのフロントガラスが装備される。価格は、いずれもベース車の10万円高の321.0万円。

「ローレル」に追加されるのは、「NAVI エディションII」「セレンシア」(写真)の2グレード。
「NAVI エディションII」は、2リッターエンジンと2.5リッターエンジンを搭載する「メダリスト」をベースに、キセノンヘッドランプと15インチのアルミホイールを装備。インテリアには、CD‐ROM方式のナビゲーションシステム、6連奏CDオートチェンジャー、木目・本革コンビステアリングホイールなどが備わる。
価格は、2リッターエンジン搭載のメダリスト「NAVI エディション?」が245.4万円。2.5リッターエンジン搭載の25メダリスト「NAVI エディション?」(2WD/4WD)が、278.4万円/299.8万円。ベースモデルよりそれぞれ17.4万円高い。
「セレンシア」も同じく、「メダリスト」をベースにしたお買い得モデル。内装には「専用高級クロス」(日産)を採用。2.5リッターモデルと同様に、2リッターモデルの運転席のパワーシートを標準装備にした。価格は、2リッターエンジン搭載の、メダリスト「セレンシア」が218.0万円。2.5リッターエンジン搭載の、25メダリスト「セレンシア」が251.0万円。それぞれベース車より10.0万円安い。

「アベニール」には、「サリューX NAVIエディション」「サリューX スペシャルエディション」の2グレードが追加された。
「サリューX NAVIエディション」は、2リッターエンジンを搭載した「サリューX」がベース車。7インチ画面のTV/ナビゲーションシステムとCD一体型のAM/FMチューナーラジオが標準装備となる。外観面では、フロントグリルがボディと同色化され、内装面では、専用のシート&トリム地が採用される。価格は、ベース車の1.8万円高の209.8万円。
「サリューX スペシャルエディション」は、1.8リッターエンジン搭載のベースグレード「サリューX」をオーディオレス化し、価格を7.0万円安い178.0万円としたモデル。内外装の変更点は、「サリューX NAVIエディション」と同じ。

(webCG 平山)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セドリックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産、「セド・グロ」のグレードを見直し 2000.11.2 自動車ニュース 日産自動車は、「セドリック」「グロリア」のグレード体系を見直すと同時に、新グレードを追加設定し、2000年10月30日から販売を開始した。セドリックでは、今まで「250LV」にのみ設定された、オーディオシステム充実の「プレミアムリミテッド」を、「300LX-Z」(441.0万円)「250LV FOUR」(404.0万円)にまで拡大。さらに、アイボリ一色の本革シートや前席アクティブヘッドレストなどを装備した「アイボリーレザーパッケージ」が追加設定された。グロリアには、スポーティさを強調した新グレード「グランツーリスモ」が、「300ULTIMA-Z」(436.0万円)「300TX」(378.0万円)「250TX」(346.0万円)「250TX FOUR」(401.0万円)に加わった。専用のラジエーターグリル、ヘッドランプ、17インチアルミホイールや本革巻ステアリングホイールなどを装着。内装を黒で統一し、スポーティさを演出した。(web CG 有吉)日産自動車「セドリック」サイト:http://www.nissan.co.jp/CEDRIC/同「グロリア」サイト:http://www.nissan.co.jp/GLORIA/
  • 日産、「セドリック」「グロリア」をモデルチェンジ 1999.6.29 自動車ニュース 日産自動車は「セドリック」および「グロリア」をフルモデルチェンジし、6月28日より発売した。新型「日産セドリック」および「グロリア」は「新世代高級パーソナルサルーン」を商品コンセプトにすえて開発されたモデルだ。新しい「LLクラスプラットフォーム」をベースに、2.5リッターおよび3リッターの6気筒エンジンを搭載している。駆動方式は後輪駆動と4輪駆動の2本立てである。新型「日産セドリック/グロリア」は、2800ミリのホイールベースをもち、そこに全長x全幅x全高=4865x1770x1440ミリの4ドアボディを載せている。スタイリングは「デザインの革新」と謳われているように、新型「セドリック/グロリア」の大きな特徴のひとつに数えられている。エンジンは4種類、用意されている。3リッターV型6気筒DOHCターボ「VQ30DET」(280馬力)を筆頭に、3リッターV6DOHC直噴ガソリン「VQ30DD」(240馬力)、2.5リッターV6DOHC直噴ガソリン「VQ25DD」(210馬力)、そして2.5リッター直列6気筒DOHCターボ「RB25DET」(260馬力)となる。V6はすべてLEV(低公害エンジン)である。駆動方式は後輪駆動で、直6エンジンは4輪駆動システムとのみ組み合わせられる。新型「セドリック」のラインナップは「300VIP」(494.0万円/東京・大阪・名古屋以下同)をはじめ、「300LX」(421.0万円〜)、「300LV」(378.0万円〜)、「250LV」(343.0万円)、「250L」(311.0万円)、そして「250LV FOUR」(399.0万円)と「250L FOUR」(364.0万円)となる。グロリアは「300ULTIMA Vパッケージ」をはじめ、「300TX」「250TX」「250T」、そして4WDの「250TX FOUR」と「250T FOUR」で構成されている。ちなみに今回、グランツーリスモの設定はない。「グロリア」のTVコマーシャルのキャラクターはバージングループ会長のリチャード・ブランスンだ。なぜだ? けっこう考えさせられる起用である。(Web CG オガワ)
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
ホームへ戻る