日産、「アベニール」「ローレル」「セドリック/グロリア」に特別仕様車

2001.05.31 自動車ニュース
 
 
010531_074.gif

日産、「アベニール」「ローレル」「セドリック/グロリア」に特別仕様車(5/31)

日産自動車は、上級サルーン「セドリック/グロリア」、ミドルクラスセダン「ローレル」、ステーションワゴン「アベニール」の3車種に特別仕様車を追加し、2001年5月28日に発売した。

「セドリック/グロリア」に追加されるのは、「NAVIエディション」。2.5リッターエンジン搭載の250L/250T をベースとし、DVD方式のTV/ナビゲーションシステムとトップシェード付きのフロントガラスが装備される。価格は、いずれもベース車の10万円高の321.0万円。

「ローレル」に追加されるのは、「NAVI エディションII」「セレンシア」(写真)の2グレード。
「NAVI エディションII」は、2リッターエンジンと2.5リッターエンジンを搭載する「メダリスト」をベースに、キセノンヘッドランプと15インチのアルミホイールを装備。インテリアには、CD‐ROM方式のナビゲーションシステム、6連奏CDオートチェンジャー、木目・本革コンビステアリングホイールなどが備わる。
価格は、2リッターエンジン搭載のメダリスト「NAVI エディション?」が245.4万円。2.5リッターエンジン搭載の25メダリスト「NAVI エディション?」(2WD/4WD)が、278.4万円/299.8万円。ベースモデルよりそれぞれ17.4万円高い。
「セレンシア」も同じく、「メダリスト」をベースにしたお買い得モデル。内装には「専用高級クロス」(日産)を採用。2.5リッターモデルと同様に、2リッターモデルの運転席のパワーシートを標準装備にした。価格は、2リッターエンジン搭載の、メダリスト「セレンシア」が218.0万円。2.5リッターエンジン搭載の、25メダリスト「セレンシア」が251.0万円。それぞれベース車より10.0万円安い。

「アベニール」には、「サリューX NAVIエディション」「サリューX スペシャルエディション」の2グレードが追加された。
「サリューX NAVIエディション」は、2リッターエンジンを搭載した「サリューX」がベース車。7インチ画面のTV/ナビゲーションシステムとCD一体型のAM/FMチューナーラジオが標準装備となる。外観面では、フロントグリルがボディと同色化され、内装面では、専用のシート&トリム地が採用される。価格は、ベース車の1.8万円高の209.8万円。
「サリューX スペシャルエディション」は、1.8リッターエンジン搭載のベースグレード「サリューX」をオーディオレス化し、価格を7.0万円安い178.0万円としたモデル。内外装の変更点は、「サリューX NAVIエディション」と同じ。

(webCG 平山)

 
 

関連キーワード:
セドリックグロリア日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ●日産セド/グロ・セダンを一部改良(6/17) 1998.6.17 自動車ニュース 日産自動車は「セドリック」および「グロリア」のセダンに一部改良をほどこし、6月15日より発売した。価格は「スーパーカスタム」の206.5万円から「ブロアムVIP」の401.8万円までだ。取り扱いはセドリックがモーター系、グロリアがプリンス系各販売会社となる。今回の改良は、安全装備の充実と内装の全面的変更からなる。安全装備の面ではデュアルエアバッグをはじめ、ABSとセットになったブレーキアシスト、さらにロングライフ撥水ガラスが全車に標準装備された。内装面では、インストルメントパネルの意匠が変更されるとともに、内装クロスの色調が一新された。
  • 日産「セドリック・セダン」営業車にV6 LPGエンジン再登場 2004.1.15 自動車ニュース 日産自動車は、タクシーなどに用いられる「セドリック・セダン」営業車に、V6のLPG(液化天然ガス)エンジンを搭載した「ブロアム」を追加設定、2004年1月13日に発売した。同エンジン搭載車は2002年8月に一旦生産中止されたが、動力性能などを向上させて再登場となった。
  • 日産、「セドリックセダン」を一部改良 2010.9.14 自動車ニュース 日産自動車は2010年9月13日、「セドリックセダン」を一部改良し、販売を開始した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
ホームへ戻る