スズキスポーツによるスペシャル「スイフト」登場!

2001.05.31 自動車ニュース
 
 
010531_072.gif

スズキスポーツによるスペシャル「スイフト」登場!(5/31)

スズキは、コンパクトカー「スイフト」に、スズキ車によるモータースポーツを手がける、(株)スズキスポーツによるトータルデザインの特別仕様車を、2001年5月24日に発表した。

「スイフトRS」がそれ。前後左右に空力パーツを装着、大型バンパーにはマルチリフレクタータイプの専用フォグランプが埋め込まれ、オーバーフェンダー、16インチアルミホイールで、迫力ある外観を演出する。タイヤサイズは、ノーマルの165/70R14 と比較して、なんと195/45ZR16だ。なおエアロパーツの採用で、ボディサイズは全長が30mm、全幅が15mm拡大された。

足まわりはもちろん、シャコタン仕様。スズキスポーツ製のショックアブソーバーとローダウンスプリングが奢られる。最低地上高は、標準モデルより20mm低い145mm。「安定感とスポーティ感を印象付けるフォルムとした」(プレスリリース)。
ボディカラーは、パールホワイトのみ。アルミホイール、ドアミラーまで白で統一するこだわりを見せる。

内装には、最近ハヤリの(?)青色が、ハンドル、インパネ、ドアトリムなどにちりばめられる。フロントシートは、専用シート地を用いたセミバケットタイプが採用された。シートバックには、「SUZUKI SPORT」の刺繍入り。足元のペダルはアルミ製だ。

搭載される1.3リッターエンジンに変更はないが、トランスミッションに、4段ATのほか、標準仕様には用意されない5段マニュアルが選べる。価格は5MT車が142.3万円。4AT車が149.8万円。商品に関する問い合わせは、0120‐402‐253(フリーダイヤル)まで。

(webCG 平山)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る