スズキスポーツによるスペシャル「スイフト」登場!

2001.05.31 自動車ニュース
 
 
010531_072.gif

スズキスポーツによるスペシャル「スイフト」登場!(5/31)

スズキは、コンパクトカー「スイフト」に、スズキ車によるモータースポーツを手がける、(株)スズキスポーツによるトータルデザインの特別仕様車を、2001年5月24日に発表した。

「スイフトRS」がそれ。前後左右に空力パーツを装着、大型バンパーにはマルチリフレクタータイプの専用フォグランプが埋め込まれ、オーバーフェンダー、16インチアルミホイールで、迫力ある外観を演出する。タイヤサイズは、ノーマルの165/70R14 と比較して、なんと195/45ZR16だ。なおエアロパーツの採用で、ボディサイズは全長が30mm、全幅が15mm拡大された。

足まわりはもちろん、シャコタン仕様。スズキスポーツ製のショックアブソーバーとローダウンスプリングが奢られる。最低地上高は、標準モデルより20mm低い145mm。「安定感とスポーティ感を印象付けるフォルムとした」(プレスリリース)。
ボディカラーは、パールホワイトのみ。アルミホイール、ドアミラーまで白で統一するこだわりを見せる。

内装には、最近ハヤリの(?)青色が、ハンドル、インパネ、ドアトリムなどにちりばめられる。フロントシートは、専用シート地を用いたセミバケットタイプが採用された。シートバックには、「SUZUKI SPORT」の刺繍入り。足元のペダルはアルミ製だ。

搭載される1.3リッターエンジンに変更はないが、トランスミッションに、4段ATのほか、標準仕様には用意されない5段マニュアルが選べる。価格は5MT車が142.3万円。4AT車が149.8万円。商品に関する問い合わせは、0120‐402‐253(フリーダイヤル)まで。

(webCG 平山)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.1 試乗記 デュアルジェットエンジンを採用し燃費性能の向上をはかった「スズキ・スイフト」。高速道路と一般道でその性能を確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る