スズキスポーツによるスペシャル「スイフト」登場!

2001.05.31 自動車ニュース
 
 
010531_072.gif

スズキスポーツによるスペシャル「スイフト」登場!(5/31)

スズキは、コンパクトカー「スイフト」に、スズキ車によるモータースポーツを手がける、(株)スズキスポーツによるトータルデザインの特別仕様車を、2001年5月24日に発表した。

「スイフトRS」がそれ。前後左右に空力パーツを装着、大型バンパーにはマルチリフレクタータイプの専用フォグランプが埋め込まれ、オーバーフェンダー、16インチアルミホイールで、迫力ある外観を演出する。タイヤサイズは、ノーマルの165/70R14 と比較して、なんと195/45ZR16だ。なおエアロパーツの採用で、ボディサイズは全長が30mm、全幅が15mm拡大された。

足まわりはもちろん、シャコタン仕様。スズキスポーツ製のショックアブソーバーとローダウンスプリングが奢られる。最低地上高は、標準モデルより20mm低い145mm。「安定感とスポーティ感を印象付けるフォルムとした」(プレスリリース)。
ボディカラーは、パールホワイトのみ。アルミホイール、ドアミラーまで白で統一するこだわりを見せる。

内装には、最近ハヤリの(?)青色が、ハンドル、インパネ、ドアトリムなどにちりばめられる。フロントシートは、専用シート地を用いたセミバケットタイプが採用された。シートバックには、「SUZUKI SPORT」の刺繍入り。足元のペダルはアルミ製だ。

搭載される1.3リッターエンジンに変更はないが、トランスミッションに、4段ATのほか、標準仕様には用意されない5段マニュアルが選べる。価格は5MT車が142.3万円。4AT車が149.8万円。商品に関する問い合わせは、0120‐402‐253(フリーダイヤル)まで。

(webCG 平山)

 
 

関連キーワード:
スイフトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表 2017.9.13 自動車ニュース スズキが4代目「スイフトスポーツ」を発表。“Ultimate Driving Excitement”をテーマに開発された新型は、軽量・高剛性プラットフォームの採用により70kgの軽量化を果たすとともに、パワフルな1.4リッター直噴ターボを搭載。走りと燃費を同時に高めている。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.13 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)
    ……174万3000円

    従来型ではMT仕様の販売比率が7割に上ったという「スイフトスポーツ」。これはスポーツカー好きのノスタルジアか? それとも現実派のロジカルな選択か? ワインディングロードで考えた。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る