トヨタ、新型セダン「ブレビス」を発売

2001.06.05 自動車ニュース
 
 
010605_012.gif

トヨタ、新型セダン「ブレビス」を発売(6/5)

トヨタ自動車は、FRミディアムセダン「ブレビス」を、2001年6月4日に発売。同日、東京都江東区の「MEGA WEB」で報道発表会を開いた。

「ブレビス」の商品コンセプトは、「アクティブ・エレガンス」。「従来の『伝統』『重厚』『威厳』で表される高級車とは異なる知的でおしゃれな、新しいプレミアムセダン」とトヨタは定義する。全長×全幅×全高は、4550×1720×1460mm。クラウンより小さな高級車といえば、既に「プログレ」があるが、ブレビスは対象ターゲットを若い層(30-40歳代)に設定し、差別化を図った。プラットフォームはプログレと共有したため、ホイールベースは共通の2780mmとなった。

外観では、「遠くからでもすぐに分かる存在感を表現」(カタログ)。リンカーン「コンチネンタル」を彷彿させるフロントのメッキグリルが目を引く。前後バンパー、サイドモールにはメッキ処理を施し、高級感を演出した。

インテリア面では、センタークラスターにアルミパネルを採用。メーター、オーディオ、時計などのバックライトには、「透明感のあるグリーン」(トヨタ)が使われる。

技術面での目玉は、アクセルとブレーキのペダル位置を調節できる「世界初のシステム」(トヨタ)、「パワーアジャスタブルペダル」だ。前後に70mm可動するペダルにより、ドライバーは自分により適したポジションをとることができるという。
その他、「カローラスパシオ」「イプサム」に搭載される、音声ガイド付きバックガイドモニターがオプション設定される。

用意されるエンジンは、2.5リッター直6(200ps/6000rpm、25.5kgm/3800rpm)と3.0リッター直6(220ps/5600rpm、30.0kgm/3600rpm)の2種類。いずれもVVT-i付きの直噴「D-4」エンジンとなる。駆動方式は、FRをベースに、2.5リッターモデルには、10月から4WDが用意される。組み合わされるトランスミッションは、FRが5AT、4WDが4ATである。

足まわりは、4輪ダブルウィッシュボーン。FR車のタイヤサイズは205/55R16だ。10本スポークのアルミホイールが、足元をさりげなくキメる。

価格は、2.5リッターモデルの「Ai250」が337.0万円。マークIIのトップグレード「グランデiR-V」より1.0万円高いプライスタグをつける。3リッターモデルの「Ai300」が377.0万円。こちらは、プログレの3リッターモデル「NC300」の7.0万円高となる。月販予定台数は2500台。

(webCG 平山)

 
 

関連キーワード:
ブレビストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記 長く国内販売が停止していた「トヨタ・ハイラックス」が復活。世界を舞台に活躍するピックアップトラックは、日本の道でどんな走りを見せるのか? オンロードとオフロードで、その実力をチェックした。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース
  • 【東京モーターショー2017】トヨタ、新型「センチュリー」を初公開 2017.10.5 自動車ニュース