トヨタ、新型セダン「ブレビス」を発売

2001.06.05 自動車ニュース
 
 
010605_012.gif

トヨタ、新型セダン「ブレビス」を発売(6/5)

トヨタ自動車は、FRミディアムセダン「ブレビス」を、2001年6月4日に発売。同日、東京都江東区の「MEGA WEB」で報道発表会を開いた。

「ブレビス」の商品コンセプトは、「アクティブ・エレガンス」。「従来の『伝統』『重厚』『威厳』で表される高級車とは異なる知的でおしゃれな、新しいプレミアムセダン」とトヨタは定義する。全長×全幅×全高は、4550×1720×1460mm。クラウンより小さな高級車といえば、既に「プログレ」があるが、ブレビスは対象ターゲットを若い層(30-40歳代)に設定し、差別化を図った。プラットフォームはプログレと共有したため、ホイールベースは共通の2780mmとなった。

外観では、「遠くからでもすぐに分かる存在感を表現」(カタログ)。リンカーン「コンチネンタル」を彷彿させるフロントのメッキグリルが目を引く。前後バンパー、サイドモールにはメッキ処理を施し、高級感を演出した。

インテリア面では、センタークラスターにアルミパネルを採用。メーター、オーディオ、時計などのバックライトには、「透明感のあるグリーン」(トヨタ)が使われる。

技術面での目玉は、アクセルとブレーキのペダル位置を調節できる「世界初のシステム」(トヨタ)、「パワーアジャスタブルペダル」だ。前後に70mm可動するペダルにより、ドライバーは自分により適したポジションをとることができるという。
その他、「カローラスパシオ」「イプサム」に搭載される、音声ガイド付きバックガイドモニターがオプション設定される。

用意されるエンジンは、2.5リッター直6(200ps/6000rpm、25.5kgm/3800rpm)と3.0リッター直6(220ps/5600rpm、30.0kgm/3600rpm)の2種類。いずれもVVT-i付きの直噴「D-4」エンジンとなる。駆動方式は、FRをベースに、2.5リッターモデルには、10月から4WDが用意される。組み合わされるトランスミッションは、FRが5AT、4WDが4ATである。

足まわりは、4輪ダブルウィッシュボーン。FR車のタイヤサイズは205/55R16だ。10本スポークのアルミホイールが、足元をさりげなくキメる。

価格は、2.5リッターモデルの「Ai250」が337.0万円。マークIIのトップグレード「グランデiR-V」より1.0万円高いプライスタグをつける。3リッターモデルの「Ai300」が377.0万円。こちらは、プログレの3リッターモデル「NC300」の7.0万円高となる。月販予定台数は2500台。

(webCG 平山)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ブレビスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る