ルノー、「セニック」に4WDモデル追加

2001.06.05 自動車ニュース
 
 
010605_011.gif

ルノー、「セニック」に4WDモデル追加(6/5)

ルノージャポンは、コンパクトミニバン「セニック」シリーズに、ルノーのいうところの「4WD SUV」モデル「セニックRX4」を加え、2001年6月1日に発売した。

セニック2WDモデルとの外観上の違いは、前後に採用された大型バンパー、16インチのアロイホイール、大型化されたドアミラー、リヤに背負ったカバー付きのスペアタイヤ、サイドガードモールなどだ。機能面では、リヤゲートを上下分割式に変更。上部は跳ね上げ式のガラスハッチ、下部は横開きのドアとした。

4WD化に伴い、マクファーソンストラット式フロントサスペンションが強化された。またリアサスペンションは、半独立のトーションビーム形式から、トレーリングアーム形式に変更。タイヤサイズは、195/60R15から215/65R16にサイズアップされた。

全長×全幅×全高は4350×1785×1740mm。外装の変更により、ボディサイズは、全長で180mm、全幅で55mm拡大された。また、サスペンション形式、タイヤサイズを変更したことで、全高が120mm高くなった。ホイールベースは、45mm延長され、2625mm。最低地上高は185mmとなる。

搭載されるエンジンは、FFモデルと同じ2リッター直4のF4型。138ps/5500rpmの最高出力と19.2kgm/3750rpmの最大トルクも変わらない。組み合わされるトランスミッションは5段MTのみ。4WDシステムは、オーストリアの「シュタイアー・ダイムラー・プッフ」社製。ビスカスカップリングを介して、後輪に駆動力を配分する。前輪には、LSDの代わりに、電子制御式のトラクションコントロールシステムを採用した。

価格は、FFモデルの上級版「RXT」と同じ269.0万円。日本仕様は、右ハンドルのみの設定となる。

(webCG 平山)

ルノー「セニックRX4」:
http://www.nissan.co.jp/RENAULT-DEALERS/

 
 

関連キーワード:
セニックルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • ルノー・グラン セニック(4AT)【試乗記】 2005.9.14 試乗記 ルノー・グラン セニック(4AT)
    ……279万8250円

    ルノーの3列7人乗りマルチパーパスビークル「グラン セニック」。欧州でバカンスを楽しむ際、1000kmを走っても“楽しい”と謳われるニューモデルに試乗した。


  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
ホームへ戻る